横の糸はコイツ。

年末年始は大寒波に注意せよとか何とか言ってたような気がしたんで、あーあ正月休みは吹雪の中で雪かき尽くしかよと覚悟してはいたんですが、さすが寒波っつーだけのことはあって、スノーのパウダーっぷりが凄まじい。
軽くて楽なんだが、雪山にならない。崩れてくる。
とはいえそんな騒ぎになるほどかねと思っていたら、今朝の降雪量ランキングの上位が岡山鳥取岐阜滋賀蘭越ってちょっとおかしなことになっていた。
ニュースは上っ面だけ見てちゃダメなんだぞ、ちゃんと中身も読もうな。


いろいろ間違ってるけど何がどう間違ってるのかサッパリわからないままに縦糸を張り終えたので、次は横糸の番です。
糸っつーか、裂き織りなんて布というか紐というかなんですが、普通に使える布をわざわざ裂くのはもったいないし、着なくなった服をほどいて洗って裂いたりしたら、その間にやる気がどこか遠いお空に飛んでいきそうなので、恒例のネットの大海で何やらポチッとやらかしてみたのでした。

Continue reading “横の糸はコイツ。”

がまんができなかった。

ショップで服を買うのが苦手です。
コミュニケーション能力が著しく低いのでショップの店員さんと話すのがしんどいのと、センスがアレなので何を選べばいいのかサッパリわからないからです。
服はもっぱら通販で安いものをテキトーに買っていますが、コート類は実際に身につけて選ばないと失敗したときに心理的にも財布的にもダメージがデカすぎるので、嫌々ながら実店舗に行くんですが、いきなりお店に行くと種類がありすぎてワケがわからなくなるので、ネットショップで下調べをしてから狙いを定めて実店舗を攻めることにしています。
ですがね、ネットショップでコートを物色していると、着画のほとんどが前開けててちっとも参考にならないんですよ。
寒いからコートを着てるのに、前なんか開けないよ!(ワタシは)
前を閉めたときのスカートやズボンとの丈感とかバランスとかが知りたいのに、どいつもこいつもオサレなストール首からさげて前開けたコートの裾ひるがえしてやがる。
前ぴっちり閉じてマフラーぐるぐる巻きにしたときのズボンやスカートとのバランスが見たいのに、そんな画像はほとんどありゃしない。前を閉じた常態で平置きした画像があればまだマシな方。
こちとらセンスがないもんで、手持ちの服の上に着たらどんなバランスになるかを平置き画像なんかじゃ到底イメージできないんですよ。
結局、色と素材とまるであてにならない『なんとなくよさそう』な感じを頼りに実店舗に向かい、大汗かきながら店員さんに勧められるままにアレやコレやと試着をして、手持ちの服に合うんだか合わないんだかよくわからないけどとりあえず当日着ている服とは合わなくもなさそうだし触り心地はいいとかそんな理由でテキトーに何かを買って帰ってくるのでした。
帰宅して手持ちの服と合わせてみるものの、何を着ようと着ているのがワタシというだけで既に十分にイケてないので、目を見張るほど変じゃなければまあいいかというあたりに落ち着く。(自分以外から見たら目を見張るほど変かもしれない可能性は見ないフリ)

かくしてワタシは今日も何がどうおかしいのかはよくわからないけれどなんとなく微妙な格好をして仕事に向かうのでありました。
どんだけ微妙だろうと、寒い日にコートの前なんか開けないけどね! 寒いから!


触り心地と柄の可愛らしさとか面白さ(?)に惹かれて買ってしまうものの、もったいなさばかりが先だってちっとも使わないので箱いっぱいに在庫があふれてっぱなしだから、もう買わないぞって思ってたんですリバティは。(大丸札幌で行われるC&Sの催事はこの限りではない)(なんでだよ)

ホビーラから届くメールも中身も見ずにソッコーでゴミ箱に放り込んでいたんですけど、先日何を間違えたかウッカリ開いてしまって、たまたま紹介されていたリバティにズッキュンときめいて、がまんができなかったんです。

Continue reading “がまんができなかった。”

秋色てぬぐい。

今年の夏、洗い上がりがサッパリするという触れ込みの夏用シャンプーとリンスを買い求めてみたのです。
サワヤカな柑橘系の香りとミントっぽい清涼感のあるもので、確かに洗い上がりが心持ちスースーして風呂上がりはそれなりに快適だったんですが、なんせワタクシの髪の毛は短く、髪の毛が生えているのに何故かカツオ感漂うフォルムが基本で、伸びてもせいぜいタラちゃん程度。(いわゆるひとつのツーブロックってやつですよね?)
ひと夏では到底使い切れるものではなかったのです。

そんなワケでほとんど冬に片足突っ込んでる今になってもまだ頭スースーシャンプー&リンスを使い続けているのでした。
夏がどれほど暑かろうとも普通のシャンプーで過ごすべきだと学習した四十路の冬。きっと正月も風呂上がりはスースーしているだろう。


これまでの経験から、とりあえず首手首足首さえ暖かくしておけば寒さはワリと耐えられると思い込んでいるので、丈の長い手袋と長さと幅がたっぷりの襟巻きとレッグウォーマーがワタシの冬の必需品なのですが、愛用していたファルケのレッグウォーマーが廃番になったのか穴があいて買い換えようにも見つからない。
仕方がないので代替品を探してネットを彷徨っていたところ、ついウッカリまたしてもやってしまいました。

Continue reading “秋色てぬぐい。”