あすありと。

イヤだイヤだと言いながら、とりあえずワクチン1回目接種してきましたよ。モデルナです。
お仕事早退させてもらって、職場近くの集団接種場まで20分くらいてくてく歩いて行ってきました。


異物混入とか、異物混入に伴って回収されたロットを接種した方が亡くなったとか、不安になるようなニュースばっかりなので、とりあえずウッカリ死んだときに心残りになりそうな見られて気まずいアレコレを処分しときました。
考えてみれば、明日車に撥ねられるかもしれないし、滑って転んで頭打つかもしれないし、頭上から何かが落ちてくるかもしれないし、突然心臓が止まるかもしれないし、ワクチン打つとか打たないとか別にしても理不尽な死はどこにでも転がっているんだってことに改めて気付きましたよ。
明日が必ず来るとは限らないんだもんな。
ワタシはすっかり油断をして生きていた。反省する。

ほらさ、別に全然悪いことじゃないんだけど親父の遺品に河合奈保子写真集(例え話です)的なものがあったらちょっと生ヌル~い気分になったりするじゃない。
ワタシもいろいろとちょっと恥ずかしい青春の残り香的なものを手元に残してありますがゆえに、ワクチン接種を機に思い切って処分してみました。
そう、『オダギリジョー セーターブック』的なアレコレを。ここ何十年も手に取ってすらいないし。
これでいつ死んでも大丈夫とは言わないが、死ぬ瞬間にするかもしれない後悔はいくつか減ったかなと。

つってもワタクシ、のらおと完結していない小説の続きぐらいしか思い残すことはなさそうなんですけどね。
他に何かあったかなあ…。

Continue reading “あすありと。”

背負いびとの宿命。

一升餅とかいう風習がありますよね。
ワタシが無事に一歳を迎えたときにも行われたそうなんですが、ガッツリ蒸して2kgぐらいになった餅をこともなく担いでご機嫌にどすどすと走り回っていたそうです。
担げれば身を立てることができる、担げなければ親元に長く居る、と言われているようですが、ちっとも身を立てていないばかりか四十路になっても親元にパラサイト中です。全然当たってねえな。

そんなワケで子どもの頃から背負うのが好きで、餅だけじゃなくリュックやナップザックを背負い続けて生きてきたのです。
以前ばあちゃんが「Yuki*ちゃんは子どもの頃ずーっとリュック背負ってたもんね」とか言ったら、ママンがイヤそうに「今も背負ってるわよ」とか言ってたっけな…。
リュックで通勤してるし、遊びに行くときも9割方リュック。
頭の悪さを象徴するかのようにクッソ重い荷物を持ち歩いているので(以前計ったときは12kgだった)、両肩でしっかり支えないと身体のバランスがイマイチよろしくないんですよねー。
そんな荷物を背負いながら平日はウキウキと45分くらい歩いているので、友人に言わせると毎日が修行中らしいんですが、本人はまったく苦と思っていないのでした。

ただ、確実にダメージを受けているものがあるんですよね…。

Continue reading “背負いびとの宿命。”

おいもを買いに。

ワクチン打ちたくないなぁと常々言ってはいますが、それは単に、どこも具合悪くないのに飲んだことのないキッツい薬飲むの怖いよーって程度のビビりだったワケです。
でも、食べるために生きてるとか豪語するくらい食べることが大好きなワタクシとしては味覚障害とか嗅覚障害とかイヤだし、もしかかったらいろんな人に迷惑かけるし…と思って予約しようとしてみるくらいはせねばと思ってまったく乗り気じゃないのに頑張って予約してみたのに、ますます怖くなるようなニュースばっかり続くじゃないのよ。
いやまあね、異物なんて日本向けに限らず混入してたんだろうけど他の国ではあまり気にしなかったし実際影響もなかったから問題にならなかったんだろうとは思うけどさ、なんかイヤじゃん金属片。
つか、最初に異物混入が判明してからだいぶ経ってるんだから異物が何なのかくらい接種に影響がない根拠とともに発表してくれよ。怖いじゃないか!


北海道にも何回目かの緊急事態宣言とやらが出ました。
その前からずっと札幌市民は札幌から出るなとなおみちお兄さんが言っていたんですが、ちっとも動かしていない車のご機嫌がいよいよ芳しくないので(つっても「アイドリングストップしてやんないもんね!」程度だが)(そもそもアイドリングストップ機能はエンジンかけた瞬間にOFFするので何ら問題はないが)、やましい気持ちもありつつ札幌を飛び出して車を走らせてきました。
ほら、うっかりバッテリーあがったりしたら誰かに来てもらわなきゃならないワケだし、不要不急じゃないよね?

…とか何とか言い訳しないとぼっちドライブにすら行きにくいこんな世の中じゃボイズン…。

Continue reading “おいもを買いに。”

チーバくん。(NOT千葉県民)

昨日、朝からJRが遅延・運休していたのでいつもより早めに駅に向かったんですが、駅に着いてみたら遅延・運休どころか完全ストップしていて運転再開の目処が立たないとか言われました。
急いで家に戻って(この時点で顔は茹で蛸の如く真っ赤で滝汗がとめどない)、会社に連絡してからメガネをコンタクトに変えて、車に乗って会社めがけて走り出しました。
オリンピックのマラソンコースも通るんですが、既に路肩に衝立みたいなのが設置済みなので、普段は路肩を走っているチャリが思いっきり車線にはみ出して走るしかなくなってるし右車線はずっと渋滞してるしで、左折したい車がチャリを先頭にノロノロノロノロ…。
先月あたりから工事していて追突事故が多発しているアンダーパスでは朝から懲りもせずまた追突事故が発生していた。
どっちのドライバーも元気に身振り手振りで警察官に何かを訴えていたので壊れたのは車だけっぽいから言えることではあるけれど、朝から何やってくれてんのよ…。
結局30分遅れで会社に到着しました。
月曜の朝からどっと疲れたぜ…。
本気でオリンピック回避有給とっちゃおうかな。
おばちゃんあまりに疲れちゃったので、9時に寝てやりましたよ。ぐっすり。

悩んでたり急いでたり萌えてたりいろいろあるのかもしれないけど、遮断機くぐっちゃダメ、ぜったい。


あまりに暑すぎてとてもじゃないけどウールを触る気になれないので、ネクストフランケン放置中です。
秋になったらまたがんばる。

その代わりに、ずっと放置していた布にしてやる予定の衣類の解体に取り組んでいます。

Continue reading “チーバくん。(NOT千葉県民)”

夏の連れ合い。

ワタクシ生まれも育ちも北海道ながら、ネイティブしたっけ民としてのレベルはそんなに高くないのであまり大きな声で主張はできないんですが、『食べらさる』ってそうそう使わないよね…?
というのも、北海道米の広告が地下鉄のドアに貼ってあって、その広告がとにかく『食べらさる』推しなんですけど、ワタシ生まれてこのかた『食べらさる』は使ったことがないんですよね。
知人や同僚に訊いてみても(ただしサンプル数は非常に少ない)、同じく気になっていたらしく、『食べらさる』は使わないよねーって話になりました。
「あーコレ美味しくていくらでも食べらさるわー」みたいな使い方すんのかな?
『押ささる』とか『書かさる』とかは使うけど、『食べらさる』は使ったことも使っているのを聞いたこともない。

そんなワケで、毎日朝からそこはかとない違和感とともに会社に向かっているのでした。
何かしらひっかかってる時点で広告としては成功なんだろうな。
広告見るまでもなく我が家はウン十年前から北海道米だけど。冷めても美味しい気がする。


ワタシはとにかく暑さに弱いもんで、夏がしんどくてたまらんです。
今年は特に突然クライマックスっぷりがひどい。コレ、お盆まで続くの…?

Continue reading “夏の連れ合い。”

キレてますよ。

昨日ニュースで『札幌はこれから1週間真夏日が続くでしょう』とか言ってたんですけど、本当に今日も真夏日だった。カンベンしてくれ。
こちとらまだ夏を思い出せていないんだよ。(年をとると1年前のことなど覚えていないのである)

そんな慣れない暑さでぼんやりしているところにカレンダーは黒字だけど実際は祝日っつーわかりづらいオリンピック進行なもんで、ぼんやりしてたら今月の給料日が21日だと気付いたのがつい今朝ほどというね…。
あわてて給料計算した。
オリンピックの野郎めオリンピックの野郎めオリンピックの野郎め……呪呪呪……誰だよ招致しやがったの!(八つ当たり)


ワタクシ何につけても備えすぎるというか溜めすぎるタイプなもんで、非常食的なものも溜めこんであるんですがね、溜めるばかりでちっとも管理していないなあと反省しまして、久々に非常食ケースのフタを開けてみたのでございます。

Continue reading “キレてますよ。”

住宅街の野性。

先日会社に、在宅勤務時のテレワーク環境を整えるお手伝いをさせてくださいとシステム会社のお兄ちゃんが営業にやって来て、「今コロナとか流行ってらっしゃるじゃないですか~」とか言い出したんですけど、彼はコロナに敬意を払っているのだろうか?
どこに向けた敬意なのかがイマイチよくわからず、敬語は難しいなあと改めて思ったのでした。
そういや昔ショートステイに来たタスマニア島の子が、「日本語、敬語と助詞がムズカシイです」って言ってたな。
それ聞いて妹Bは「助詞って何?」とか言ってたが。(生粋の日本人です)


ここんとこの暑さと湿度でネクストフランケンがちっとも捗らないのでまるでネタがありません。
とりあえず頻繁に庭に現れる野生動物でお茶を濁してみようと思います。

Continue reading “住宅街の野性。”

さよならiPod。

けっこう根性入れて作ってたフランケンが仕上がったら気が抜けて、毎日毎日ダラダラと本ばっかり読んでたら気付けば1週間くらい放置してました。
フランケンは仕上がったものの、アフガン編みサンプラーはまだもっさり残っているのでダラダラしている場合ではないんですがね。
一度止まった手はなかなか再び動き出さないもんですなあ…。
暑くなってきたしなあ…。

とはいえそうも言ってられないので、ネクストフランケンに着手したところです。
いいかげん手慣れてサクサク繋げられればいいんですが、相も変わらずどの色の糸で繋ぐかとか、サンプラーをどんな並びにするかとかでいちいち悩んでちっとも捗らないんだなあ…。


もう何年になるかわからないくらい昔から使っているiPod classicがついに、充電が1日保たなくなりました。
もうiPodはスマホと大差ないtouchしか売ってないみたいだし、他のメーカーのものは容量が少ないし(ズボラなので曲の出し入れが面倒)、仕方がないのでスマホで音楽を聴くことにしました。

Continue reading “さよならiPod。”

麦わらの一味。

明日、6月12日はフィンランドの「サウナの日」だそうです。(6月の第二土曜日)
メルマガ登録しているショップから、サウナの日にちなんでフィンランドサウナの必需品のヴィヒタを限定発売します! ってお知らせがきたんですが、ヴィヒタって何ぞ?
調べてみたら、サウナで身体を叩くのに使う白樺の若い枝葉を束ねたもののことらしい。
言われてみればそんなのを使っているところをドキュメンタリーだか映画だかで見たことがあるようなないような…。
表参道にある実店舗での限定販売のようだが、白樺花粉が猛威を振るっている北海道では買うまでもなくそこらへんで適当に手に入りそうな気もする。


ワタシはババアである。老年に足の先つっこもうとしてる中年なのである。
さすがにまだ老人力までは完備していないとは思うのだが、加齢に伴うモロモロの不具合は頻発しているワケで、背中で手を組むのがしんどくなったり、たまに血圧の上が3桁になったり、若いアイドルグループのメンバーが全員同じ顔に見えたり、身体を動かすたびにどこかがバキとかボキとかいってたりする。
そして、加齢のせいか気のせいか気候変動のせいかは知らないが、ここ数年とにかく太陽がまぶしい。

Continue reading “麦わらの一味。”

マスクくらべ。

日常的にJRを使うようになって30年ほど経ちます。
さほど不満もなく利用してはいますが、ただひとつどうにも納得がいかないことがありました。
それは、遅延運休が相次いでいるときに、快速列車ばっかりゴンゴン走らせて大量の各駅停車民を置いてきぼりにすること。
駅やホームは乗る電車のない客であふれかえっているなか快速列車がガラガラで発車していくって馬鹿じゃないのって常々不満に思っていたのです。
しかしながら今年は、『この列車は快速列車ですが臨時的に各駅停車しまーす』ってことがけっこうあって、ワタシは感動しているのです。
今年は時差出勤でいつもより1時間早めに帰っているので、ひょっとすると元々ラッシュ時間帯以外はそうだったのかもしれないんですが、ワタシがそういう対応を見たのは今年がはじめて。
待つのが面倒で最寄りの快速停車駅まで乗ってそのあと何駅分か歩く、ってことを今年は一度もしていない。
いつもより時間はかかっても定期区間ちゃんと乗って帰れるって素晴らしい。
ありがとうJR! これからもよろしく!

…という気持ちになったよってお話でした。
JRとバスしか公共交通機関のない辺境民なんで何がどうあろうともよろしくするしかないんですが。


普段は自作の布マスクにフィルター挟んで使ってますが、日本製の使い捨てマスクを買う機会があったらとりあえず買ってみたりもしています。使ってないけど。
以前シャープのマスクを買ってみたんですが、今回はネピア。
もともとネピアの鼻セレブマスク小さめを愛用していたのですが、コロナ以来売られなくなってしまったんですよねえ。
同じネピアだからどうかなーと思って買ってみました。

Continue reading “マスクくらべ。”