ちぢみマスク(改)。

土曜日に久々に札幌駅にお買い物に行ってきました。
いつも仕事帰りにフラッと立ち寄って買い物をしていたので、わざわざ休みの日に買い物に出かけることがあまりなかったんですが、車通勤になってから必要なものもわざわざ休日に出かけなきゃ買えなくなりました。あーめんど。
休日の街なんて滅多に行かないんで、人の多さにうんざりしましたよ。
JRの車内ではおそらく換気のためにデッキとの扉が全開にされていたんですが、車掌さんが何度開けても、乗ってきた客が当たり前のように閉めてましたね。
自分だって暑い中マスクしてるんだし、何のために開いてるのかちょっとくらい考えればいいのに。

コロナの影響はどんなもんだろうかと思ってたんですが、そんなに著しい変化はないもんですね。マスクしてる人が多いのと、行列の間隔が広いのと、店によっては入店時に制限やチェックがあるくらいですかね。
飲食店では、正面で向き合わないような座席の指定がされてるお店もあったけれど、普通にふたりで正面向き合って座ってるお店もあったし、色々ですな。
試着した商品の扱いとかもお店によってはすぐに棚に戻さず一旦店員が引き取ることにしてるお店もあったし、お店ごとのルールを確認しなきゃならない感じ。

わりとお馴染みさんなお店で顔馴染みの店員さんとお話しましたが、これまでお互いマスク姿なんて見たことなかったので、最初ははじめまして状態でお話をしている間にお互い「あっ!」ってなりました。コロナあるあるなんだろうな。

何度も街に出るのは御免なので買うものリストアップして行ったのに、結局日焼け止めを買い忘れて帰ってきました。
いつも使ってるのが今年は何故か近所のドラッグストアに売ってないんだよなー。

…まさか恒例の、ワタシが気に入った商品は廃番になるパターンじゃないよな…?


ぶっつけで作った高島ちぢみのマスクはまんまと不発に終わりましたが、2m買ってあるからには(そして黒も届いているからには)そうやすやすと諦めるわけにはいかないので、ふたたび高島ちぢみに挑んだのでした。
びよんびよんと横に伸びる生地を眺めながら思い返せば、もともと夏にふわふわのガーゼはウザかろうと買い求めたワケであるからして、これまでガーゼを使っていた口側にのみ使えばいくらかマシなのではないかと、作ってみました。




表側はいつもの浴衣生地です。

パッと見は今までのマスクとほとんど変わりませんが…

口側がガーゼじゃなくて高島ちぢみです。
思いっきりアイロン掛けて伸ばしまくってから裁断してみたら、縫ってもあまりびろーんとはなりませんでした。
アイロンかけてもぽこぽこ感はそれなりに残っているのでどんなもんかと。

とはいえ、ちぢみを伸ばす、って何だそりゃという気持ちはどこかにあったので、伸ばさないバージョンでも作ってみました。

表裏ちぢみ生地よりはマシですが、やっぱり横にびろーんとなってしまいました。
ミシンの抑えを弱くして、目打ちで生地を送りながら普通の糸で縫ってみました。
三つ折り部分を縫った時点ではそんなに横には伸びた感じがしなかったんですが(測ったら5ミリくらい伸びてましたが)、いつの間にか伸びてしまってましたね。難しい。

ぽこぽこ比べ。
上がアイロンで伸ばしてから縫ったもの、下が伸ばさずに縫ったもの。
見た感じだとさほどぽこぽこに違いはなさそうですが、触るとけっこう違って、アイロンかけた方はそこはかとなくぽこぽこ、かけてない方は露骨にぽこぽこしてます。

お買い物に行くときにアイロンぽこぽこの方をつけて半日歩き回ってみたんですが、そこはかとないぽこぽこでも十分にサラサラな感じで、ガーゼをつけて半日過ごしたときの口元が蒸れるような感じがなかったからイケそうな気がします。
露骨にぽこぽこは、つけた時点でぽこぽこしてるーって感じがするので、それがちょっとうっとおしいかもしれない。
伸ばしてもサラサラだし縫いやすいし違和感少ないから、増産はアイロンがっつりかけたバージョンで作ってみようと思います。
がっつりアイロンかければ、表生地もちぢみにしてもびろーんとならずに作れるかも。

ちぢみを伸ばすって何だよ問題は解決してないけど、伸ばしてもそこはかとなくちぢみだから許しておくれ。


自粛生活が普段の生活とほとんど変わりなかった出不精ヒッキー人混み嫌いなワタクシがわざわざ休日の街に出たのは、6月末までの期限のショッピングチケットを原資にサングラスを買いたかったからです。
基本的にコミュ不全なうえセンスがどうかしているので、服とか服飾雑貨とかを店頭で買うのが非常に苦手でして、露骨に挙動不審になった挙げ句、妙に攻めたものを買ってしまって後で途方に暮れることが多いのですが、サングラスは差し迫って必要に迫られているうえ、ウッカリ攻めたものを選びかねないアイテムなので友人に同行してもらいました。

10年近く愛用していたサングラスが壊れて以来ずっと探していたんですが、虫の複眼の如きデカすぎるサングラスが主流なのでなかなかワタシの好みのものには出会えずにいました。
今回、友人が一緒に選んでくれたので何とか妥協点を見いだすことができて、ようやく買えました。

コレでも十分にデカいんですが、売ってたもののなかではかなり小さめだったので。
鼻当ても調整できるタイプだし、偏光レンズなので見やすいし、10%OFFになってたし、ショッピングチケット使ったら出費は3,000円以下だったし、よいお買い物ができたのではないかと思っております。

これで毎日帰ってくるときに真っ正面から照りつけてくる夕日もへっちゃらなんだぜ!
(家と職場の位置的に、朝日に向かって出勤し、夕日に向かって帰宅するのだ)

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

2 thoughts on “ちぢみマスク(改)。

  1. 伸ばしても、ちゃんと縮んでいる部分は残るのですね。
    洗ってみました?縮みは戻るのかしら?ちょっと興味があります。

    行きも帰りも日差しが真正面からは辛そう~
    ちなみに我が家は行きも帰りも向かい風という道がありまず。謎・・
    マダム過ぎず、とんがりすぎず 素敵なサングラスです!
    眼鏡はまぁまぁ失敗しないのですが、サングラスって選び方が難しいですよね~。
    いいかも~って思って帰ってからかけてみるとヤのつく人みたくなったり・・

    1. 洗ってみましたが、そういえば普通でしたね。
      考えてみれば、片側だけ縮んで表ガバガバとかなってもおかしくなかったんですよね。
      きちんと測れば縮んでたりするのかもしれませんが、パッと見はわからなかったです。一度洗ってつけても特に違和感はありませんでした。
      アイロンでガッツリ伸ばしたつもりでも、大して伸びてなかったってことでしょうか…?

      サングラスはメガネより遊び心多めなラインナップになってるので、買い物下手なワタシだと、気付かずにとんでもなく攻めたバカンス色めがねとか買いかねない危険なアイテムなので友人を頼ってみました。
      デカすぎるかなとか、フレーム細すぎるかなとか、気になる部分はあるんですが、売られているもののなかでは比較的よいものを選んだのではないかと思います。友人に感謝しよう。
      デカすぎることが一番の不満なんですが、晴れ間などないと油断してメガネで出かけてまんまと晴れたときに、デカいがゆえにメガネの上に乗っけてメガネオンメガネしても、よく見ないとわからない覆いっぷりだということに気付いて、デカすぎるのも悪くないのかも、と。(やめときなさい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。