にじゅうかのう。

世の中にはいろいろな萌えがあると思うんですが、ワタシはつなぎ+キャップ後ろかぶりがとっても好きだとつい先日気付きました。猫の後頭部を見ているときのようなユルい喜びがにじみ出てしまう。
先日は大口開けたボンネットから煙もくもく出てるCX-5を遠巻きに見守る整備士の群れに遭遇して思わずニヤニヤしてしまった。(マツダ乗りとしてはニヤついてる場合じゃないのかもしれないが)

自動車整備工場は天国である。(通りすがりのディーラーの工場はすべからく覗きながら通過する怪しいオバハン)


とりあえずアフガンキットをやっつけてしまおうと、糸始末もアイロンも後回しでとにかく編みまくってたら、ヒゲ付きヨレヨレサンプラーが箱いっぱい溜まりました。
しかしながらキットもまだ箱いっぱい残っているので、まだまだ糸生えたサンプラーを量産しようと思います。全部編んだら糸始末。全部糸始末済んだらアイロン。(考えただけでうんざりする)

そんなワケでネタがないので、先日ほぼ日でも販売されていたワタシの愛するNIZYU KANOのお話などしてみようと思います。




ワタシの愛用しているライトナイロンリュックM(ブラック)です。

以前、友人とKITTEでこのリュックを見かけたことがあって、そのときは友人がカーキを購入しました。
そのときにワタシも背負ってみたんですが、軽くて背負ったときのラインがすごく自然で、しかも使いやすくて、購入した友人を羨んでいたんですが、お揃いってのも何だかなあと思って我慢してたら、本州に住む知人が「アンタが探してる感じのリュックあったから誕生日プレゼントに送るわ!」ってこの黒いリュックをプレゼントしてくれたのです。なんという偶然。運命を感じる。
デパートの催事だかで通りすがりにふと目に入ったそうです。
ワタシが以前から、シンプルで凹凸の少ない背中のラインに馴染むようなリュックが欲しいんじゃーとか叫んでいたのを覚えていてくれたようです。
「どうせアンタ荷物多いんだから大きめの方がいいんでしょ? 他にも色あったけどどうせアンタ黒しか持たないでしょ?」
どうせどうせと言われ続けましたが、何から何まで仰せの通りなので何も言うことはない。ありがたやありがたや。

結果として避けたつもりのお揃いになってしまったワケですが、色は違うから気にしないことにして愛用しています。
(そしてすっかり開き直ったワタシは予備として同じリュックをもうひとつ買い置きしているのであった)
けっこう大きいわりに、生まれつき背負ってる甲羅の如く背中にフィットするのでお気に入りです。上部まで厚みがあって、箱を背負ってるようなフォルムのリュックは好きじゃない。
個人的には、ほぼ日で販売されていたFUKUI SIWAナイロンリュックよりもコッチの方が背負ったときにスッキリ見えると思う。
ただFUKUI SIWAのグレー色がすっごい好みなんだよなー。あんな色したライトナイロンリュック型のリュックが欲しい。

…そう。
ワタシはずっと、黒以外のライトナイロンリュックが欲しかったんですよ。


…ってなワケで、ショップ別注の紫色のライトナイロンリュックを買ってしまったのでした…。
明るすぎない紫がいい感じ。
並べると黒い方が大きく見えますが、同じサイズです。

ほらね。
使っていくうちにやわらかくなるというか馴染むというか、加齢とともに肉が垂れるかの如く(たとえが悪すぎる)下に下がってきて、体に沿うような感じになってくる。

ファスナーのスラスは4つついてて(画像では3つしか写ってないけど、反対側にもうひとつあります)、上から開けるときのふたつ以外に両脇にもひとつずつスラスを配置しておけば、背負ったまま脇から物を取り出すときに便利なのです。

紫の方も同じくスラスが4つなんですが、コチラは別注品なのでファスナーとか金具類が全部シルバーじゃなくてゴールドになっています。
個人的にはゴールドよりシルバーの方が断然好きなんだけど、紫の本体が欲しければゴールドの金具を我慢するしかなかったのだ。仕方ない。
でも今でも金具がシルバーだったら完璧に大好きだったのになあとは思う。

内側の背中部分にはポケットがついています。布じゃいのでカチッとしてます。
カチッとしてるぶん、あれもこれもと放り込むことはできないんでおのずと整理整頓されそうな気がします。
ワタシは何でもポーチで小分けして放り込んじゃうポケットはなくてもいい派なんであまり関係ないんですが。
斜めのポケット口のところに手帳とかチケットホルダーとか入れると取り出しやすくて便利です。今ならマスクケースとか入れとけばいいのかな。
ワタシは旅行のとき以外は斜めのポケットは使ってないんですが。
大き目のポケットに畳んだ風呂敷とかてぬぐいとか入れてます。
隙あらば鍵を入れたポーチをカバンの底に沈めがちなワタシには、キーフックがとても便利。テープなのでジャラジャラしてないのもいい。
金属だと他の物を傷つけたり金属音が気になったりしがちなので。

表の斜めポケットは、ひそかにでっかく全面ポケットになってます。
薄手の敷物とかをぺったんこにして張り付けるようにべろーんと収納してます。持ち歩いている感覚がなくて良い。(そもそも常時持ち歩いてるのがおかしい)

ワタシは、すぐに火がまわるから、というワケのわからない理由で化繊を避けている(謎)んですが、カバンは火がついたらすぐ放り投げればいいし~ってんでさほど素材にこだわりません。
ゆえに、NIZYU KANOのライトナイロンなカバンが少しずつ増えていっています。

ポケッタブル3wayトートバッグ(ダークグレー)のうえに、ライトナイロンサコッシュS(ブラック)とライトナイロンショルダーポーチ(ブラック)。
ポケッタブルはサブバッグ的にリュックに放り込んでいるので普段使いはしてないんですが、サコッシュとポーチは外出時はだいたいどちらか下げてるってくらい愛用しています。
リュック民なのですぐ使いたい定期とか財布をぶらさげてる感じ。軽くて便利です。

ポケッタブル3wayトートバッグはこんな感じに小さくなります。
小さくなるといっても、ショルダーポーチくらいのサイズはあるんですが。
リュックにサブとして入れておいても邪魔にならない大きさなので、いつもリュックに入れています。

ほぼ日O2で毎度ソッコー売り切れているポッケトートのグレーも欲しいような気がしていたんだけど我慢したんだけどやっぱ欲しいような…ぐるぐる。(今回もソッコーで売り切れた)
ライトナイロンペアレンツバッグは、いつか頼む。(受注生産)


ちょっと前に散髪に行ってきました。
前から予約してあったんですが、ここんとこの盛り上がりっぷりを見てるとまたしばらく行きにくい感じになりそうなので、ガッツリ刈ってきました。頭が寒い。そしてあふれるカツオ感。

コミュニケーション能力が著しく低いので、散髪中は基本的に本を読んで過ごすんですが、洗髪のタイミングとかその他諸々の理由で美容師さんとお話することになることもあり、その際はひたすらに「へーそうなんですね」とかおざなりな返事をしつつやり過ごしています。
美容師さんも当たり障りのない話題を振ってくることが多いんですが、今回はなぜか溢れんばかりのトランプ愛を熱く語られてしまって、「へーそうなんですね」だけじゃ対応しきれず、しまいにはアメリカ大統領選への消極的な興味を窘められてしまいましたよ…。トランプおじさまの魅力ってすごい。

美「トランプはああ見えてすごいんです! 一度も戦争しなかったんですから!」
私「…そうですねぇ」
美「バイデンなんて小児性愛者だとか痴呆症だとかって噂もあるくらいで息子だって中国に送金したとかでいろいろとんでもないヤツなんですよ!」
私「…へーそうなんですか」
美「バイデンはトランプと違って中国とズブズブだからこのままじゃ日本は中国になっちゃうかもしれないんですよ?」
私「(…そ、そうかなあ…?)でもバイデンさんが当選確実だって新聞で見ましたけど…」
美「不正があったんですよ! コンピューターも郵便投票もいろいろデタラメなんですよ! 証拠もあるんです!」
私「…でもまあ、不正のない選挙はないとか言いますしねえ」
美「いやいやいや…バイデンのやった不正はほんととんでもないんですよ! 不正がなかったらトランプが勝ってたはずなんです! 今トランプが訴訟起こしてるんですぐにわかると思いますけど!」
私「…へーそうなんですか」
美「そうなんです! なのに日本のマスコミも芸能人もみんなトランプ嫌いのバイデン推しだから、バイデンでもう決まったみたいな報道するんですよ! こないだも小林麻耶ちゃんがバイデン批判したからってソッコーでレギュラー番組クビになっちゃって、日本のテレビってホント怖いんです!」
私「…へーそうなんですか。あんまりテレビ見ないんですよね…興味もないし…」
美「ダメですよ! アメリカ大統領が誰になるかは日本にもすごく影響があるんだから、私たちも声を上げていかなきゃならないんですよ!」
(やんわりと、もうこの話題やめましょう感を出してみたつもりだったがまったく通じなかった)
私「いやでもアメリカの大統領選挙はアメリカの問題だから日本人がガタガタ言ったところで…」
美「いーえ! 不正選挙に抗議する署名を集めているサイトがあって、そこではアメリカ人以外でも署名できるんですよ! スマホからでもできるんで!」
私「…へーそうなんですか」
美「テレビとか新聞は偏った情報ばかりだから、ちゃんと自分でネットとかSNSとか調べて情報手に入れなきゃダメですよ!」
私「…そ、そうですね…。でもネットって自分がよく見る傾向のものが上に出てくるシステムだから、むしろ情報が偏っちゃいそうですけどねぇ…」
美「ちゃんと自分でいろいろ調べれば大丈夫ですよ! ちゃんと自分で調べれば本当のことがわかりますから!」
私「………へーそうなんですか…(ほ ん と う の こ と ?)」

…とそうこうしている間にワタシの頭はカツオ風に刈り込まれていったワケです。
なんだか妙に疲れたぜ…。
いくら世の中に疎い情弱なワタシとて、アメリカ大統領選が日本とまったく無関係だなんて思ってはいないけれど、アメリカの選挙のことをアメリカ国籍も持たない日本人が何言ったところで結局アメリカが決める問題でしかないんだから大人しく見守っておけばいいんじゃないかとしか思えなくて、ひたすらに困惑してしまった。
選挙結果に影響するような不正があったなら日本人が騒ぐ以上にアメリカ国民が大騒ぎして何とかするでしょうしねえ…。
しかしハサミに乗せて迸るトランプ愛は実に熱かった。

かれこれ20年くらい切ってもらってる人なんですが、こんな熱く政治や国際情勢を語る人だったとはちっとも知らなんだ。
これからも切ってもらうつもりだけど、気まずくなりたくないから今度からはできる限り「今日はこの本読みたいんです!!」オーラをギンギンに滾らせていくことにしよう。ハードカバー持参する勢いで。
話すなら当たり障りのないお話にしといておくれよ…。


先日、ガッツリ雪が積もってしっかり冬道になりました。今はチャリも乗れる状態に戻りましたが、基本徒歩だと思って時間を合わせなきゃならない季節がやってきたんだなあと。
寒いのは好きだけど、歩く分早起きしなきゃならないのはイヤだわあ…。

そういう時期になると、「雪積もったけどまだ夏タイヤなんだよね~」みたいなことを武勇伝の如く語るアイタタタな人を結構な頻度で見かけるし、実際夏タイヤでノロノロ冬道走ってる車も滑ってる車も見かけるんだけど、けっこう前から雪の予報が出ていたし実際に一度雪も降ってこの先車に乗る予定もあるのにタイヤ交換していないのはサッパリ理解できないとはいえ、いろいろ都合もあるんだろうからいつ交換しようが好きにすればいいと思うけど、交換していないのに雪道に走り出しちゃう頭おかしい生き物は何なんだろう。
出先で思いもよらない早すぎる雪に遭遇して恐る恐る夏タイヤで運転して帰ってきたとかは仕方ないとして(よくはないけどさ)、予報も出ていて朝出るとき既に冬道だったのに夏タイヤで走り出すって何なの。自分が危ないだけじゃなくて、周囲の車も危ないし迷惑だしすげー怖いんですけど。

しかもその危険行為を画像付きで全世界に向けてつぶやくってのはどういった心境なのか情弱ババアにはサッパリわからない。釣りなのかそもそも悪いことだと思っていないのか。
『このくらいの雪なら北海道では夏タイヤでも平気です!』『さすがのドラテクですね!』『MT乗りです(∀`*ゞ)エヘヘ』『MT運転できるなんてカッコいいです!』
………。
これまで冬道で夏タイヤでも平気だったのはドラテク(…ぷっ)のおかげではなく単に運がよかっただけだし、天気予報チェックしてあらかじめ備えるっつー北国のドライバーとして最低限の当たり前ができてなかっただけだろうが。MT乗りだとかしょーもないこと誇るならタイヤ交換くらい自分でさっさとやればいいのに。1時間早起きすればできるぞ。
…って言いたいワタシのよーなけしからんババアどもを釣りたいだけのお戯れだったのだろうか。お戯れならいいんだけどさ。
冬道を! 夏タイヤで! 走るな!(怒)

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

2 thoughts on “にじゅうかのう。

  1. 年々、バッグは軽いのに限る!になりました。若いころの全部皮!の思いバックをよく持っていたと思って自分でも感心しますわ。雨でしみがついたりして悲しい思いもしました・・
    ナイロンバックがおしゃれになってきてうれしいですよね♪

    よそ様とは野球と政治の話をするなって言われたような言われなかったような・・
    ネットの情報を真に受けるのも危険ですが!それは言えないしな~
    私も「へぇ~、そうなんだ~」と言って逃げます(笑)

    そちらはすっかり冬ですか?今年は早いですか?
    コロナも危険な状態みたいなので気を付けてくださいね。(で、どう気を付けるのよ!って感じでもありますが)
    こちらも、引き続き引きこもりです。ネットショップよ ありがとう!状態です。

    そうそう、私もアフガン編みを少しやりました。
    ハマナカのアフガン針は短め(25cmだったかな?フェリシモで売っている赤いしっぽのと同じ長さです)なので、ほぼ全号数揃えました! 何を編むかは不明 オイッ
    参考にできる本が少なくて 悲しいですぅ~

    1. 元来ガサツな性格なので、革製品に傷がつこうがシミがつこうが、『味だ!』で誤魔化して生きてきましたスミマセン…。
      そして、いい年こいて未だに大荷物を抱えて歩いているので(ゆうに10kgを超える)、カバンの重さは既に誤差。ナイロンだろうが革だろうが大差ないのでした。
      軽くて小さいリュックに必要最低限のものだけ入れて身軽に動き回る人に憧れているんですが、いつまで経っても非常食やら懐中電灯やら敷物やらどこに避難しようとしているんだっつー謎荷物を常に持ち歩いています。
      せっかくのライトナイロンの軽さを無にする荷物の多さを反省しております…。

      一票の格差とか比例代表制の是非を語ったワケじゃないから政治の話じゃないってことなんですかね。
      トランプさんにもバイデンさんにもまったく思い入れがないので、ただひたすらに熱気にやられっぱなしでした。
      こっちから別の話題ガンガン振っていけば回避できたのかもですが、そんなスキルはワタシにはない。

      去年の冬を覚えていなくて、早いんだか遅いんだか…。
      とりあえず気温も下がってきたし空気も乾燥してきているので、あらゆるウイルスが元気になる季節ではあるので想定内といえば想定内。
      うがい手洗いとかやることやったら後は運をお天道様にお任せします。

      アフガン針は10号しか持ってないです。
      針の太さを変えれば妙にデカく仕上がるサンプラーのサイズが指定サイズに収まるのだろうか。
      サンプラーも山盛り残っているくせに、ワンダーアフガンという本が欲しくてたまらん今日この頃です。
      ほとんど開いたことのないアフガン編みの本が手元に3冊あるのは内緒なのです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。