住宅街の野性。

先日会社に、在宅勤務時のテレワーク環境を整えるお手伝いをさせてくださいとシステム会社のお兄ちゃんが営業にやって来て、「今コロナとか流行ってらっしゃるじゃないですか~」とか言い出したんですけど、彼はコロナに敬意を払っているのだろうか?
どこに向けた敬意なのかがイマイチよくわからず、敬語は難しいなあと改めて思ったのでした。
そういや昔ショートステイに来たタスマニア島の子が、「日本語、敬語と助詞がムズカシイです」って言ってたな。
それ聞いて妹Bは「助詞って何?」とか言ってたが。(生粋の日本人です)


ここんとこの暑さと湿度でネクストフランケンがちっとも捗らないのでまるでネタがありません。
とりあえず頻繁に庭に現れる野生動物でお茶を濁してみようと思います。




ええ、例のキタキツネ(常連)です。

他人んちの畑でしっかりくつろぎやがって…。
しっかりカメラ目線まで寄越しやがって…。

このキツネさんは普段から近所のあちこちで見かけるんですが、我が家にもほぼ毎日現れ、裏の畑をとことこ通過していきます。我が家は来ても追い払われないと学習したのか、たまに休憩までしていきます。
ワタシの知る限り30年くらい前の時点で既にこの地域にはキツネが当たり前に出没していたので、自然に住むキツネが人馴れして出てきているとかじゃなくて、元々キツネが住んでいた土地を人間が宅地造成したって感じなのかなあ。
駅前の商店街で人とすれ違いながらシレッと歩いていたり、道路を渡る前にちゃんと車が来ていないか左右を確認してから渡っていたり(車が来ているのに平気で渡りはじめる人間どもよりよほどしっかりしている)、人慣れしてしまったキツネというより元々住宅地に生まれ育ったキツネって感じです。
俺の庭とばかりに住宅地も公園も商店街も駅のホーム下も自由に闊歩してます。
ヤクルトのおばちゃん情報によると行動範囲はけっこう広く、JRで3駅ぶんくらいの範囲を毎日巡回しているらしい。
がりがりに痩せているけど元気みたいです。
動きが素早くて、忍者みたいにシュッて隠れたり逃げたりしてます。思いのほかジャンプ力もあって、1mくらいのフェンスにも軽々と飛び乗っていました。乗り越えていくキツネ。野性を感じる。
たまに白い四角いものをくわえて歩いているところを見かけるので何かなと思っていたんですが、先日ウチの畑の生ゴミを掘ろうとしている音がしたので見てみたら、穴掘ってるキツネの脇に角食(北海道弁だったっけか。食パンのことです)が1枚そっと置いてありました。どこかのだれかが餌付けしてやがるな…。
穴を掘ってはみたもののめぼしいものは埋まっていなかったらしく(もっぱら卵の殻だからな)、脇に置いた角食を忘れることなくきちんとくわえて去って行きました。
餌付けはイカンよ、餌付けは…。(しかしパンをはむっとくわえる様子がまあ面白くてかわいいのよね)
先日はカラス5羽くらいにギャーギャーと追い立てられていました。雛でも喰らったんだろうか。
そういえばママンが近所の老人ホームに『キツネにエサをやらないで! 子猫が食べられてしまいます!』って貼り紙があったとか言ってたな。
避妊されていなくて外で子猫を産むってことは野良猫ってことだろうから、そこは弱肉強食の自然の摂理ってもんなのかな。
キツネにエサをやると子猫が食べられるっていう因果関係がイマイチよくわからんのですが。
エサをやるからキツネが来ちゃうってことか? アイツらエサがあろうがなかろうがあちこちウロウロしてるけどな。
逆に「じゃあキツネに満腹になるくらいエサをやれば子猫が食われないな!」ってガンガン餌付けする人が出現しかねないような…。なんせアイツは既にどこかで角食をもらっているのであるからして。
野生動物との距離感って難しいなぁと思いつつ、カラスでもキツネでも眺めていると面白いし癒やされるんですよね。
さすがにシカやらクマやらが出たら困るんだけど。

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

2 thoughts on “住宅街の野性。

  1. 読んでいるうちに 宮崎駿の「ぽんぽこ」を思い出しました。
    電車に乗るときは人間に変身するのかな?(笑)

    餌付け、難しいですね~
    外猫のように捕まえて避妊手術ってわけにもいかないでしょうし、地域猫ならぬ地域狐として共存するのがいいのかな?
    地域猫はあちらこちらで餌をもらうので ごみ漁りはなくなりました。
    猫とキツネは一緒にできないか・・・

    1. 野性のキツネはエキノコックスの問題があるんでなかなか難しいところです。
      ワタシはキツネもカラスも野良猫もそんなに気にならないんですが、イヤな人はイヤでしょうしね。
      確かキツネは鳥獣保護法か何かの対象になってるはずなんで駆除もできないですし、このまま共存していくんだと思います。
      公園をキツネたちに占拠されてる地域があるってニュースも見ましたけどね。公園を自分たちの縄張りだと思ってるから、人間が近づくと威嚇してくるというね。遊具がいい感じの巣になってるっぽかったです。
      むしろキツネの方が人間環境に適応していっているというか、昔話で化けるタイプの動物って賢いんだなあと感心したりします。
      地域猫って響きには憧れがありますが、あんまり猫は見かけないんですよね。
      最近は野良猫よりキツネの方をよく見るような…。
      自由なお散歩を許された飼い猫っぽい猫はよくみかけるんですけどね。
      ノッシノッシと歩いています。多分、飼い主が何人かいると思う。名前もいくつか持ってると思う。
      キツネともお散歩猫とも、ほどほどの距離感でお付き合いしていきたいもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。