イロトリドリノ顔彩。

『これから1週間真夏日』が気付けば『この先2週間危険な暑さ』に変わっていた。
暑さに弱いので、肥えた蝋人形みたいになっております。ぐはぁ。
今日はJRも暑さで線路が歪んだとか何とかで運休出てたしな…カンベンしてくれ。


我慢のできない質なもので、マニキュア買うついでに前々から気になっていたブツをポチってしまいました。




上羽繪惣創業270周年記念顔彩全色セットどどーん。

以前から上羽繪惣さんの胡粉ネイルを愛用しているんですが、上羽繪惣さんといえば元々日本画用の絵具屋さんなので、公式サイトには絵具の紹介とかもされてて、日本の色の名前ってキレイだよなーとか、色の濃淡で発色全然違って面白いなーとか、ずっと気になっていたんですよね。
オンラインショップでは化粧品しか販売されてなかったんですけど、今年は270周年記念でいろんな絵具セットが販売されてるので、ついウッカリやってしまいました。
ケースの模様がまあかわいいこと。白狐と鳳凰ですかね。

中の桐箱がまたかわいくてねえ。
今となっては塗り心地や色が気に入って愛用している胡粉ネイルですが、最初のキッカケはこの白狐さんがかわいいロゴにズッキュンときめいたジャケ買いでした。
そのロゴがでかでかと桐箱に焼き印であしらわれています。
桐箱がまたね、いい香りなんですよ。むふふ。

こんな感じで小皿に入った絵具が桐箱ひとつにつき8色収まっています。

補充は取扱店舗にてと書いてあったけど、マニキュアはともかく絵具の取扱店舗はよくわからんな…。
地元にもあるんだろうか。探してみよう。

顔彩をよく知らなかったけど(なぜ買った)、絵手紙とかに使われる絵具らしい。
一緒に筆とか梅皿のセットも買ったら、まっさらの絵はがきもついてきたので、連休にでも描いてみようかな。
あたらしい趣味になるといいなあ。
絵心はないこともないと自分では思ってるんだけど、これまでのところ周囲の評判はおおむね微妙。

ネイルも買ってみました。
手持ちが減ってきた雅と雲母と金雲母撫子と、はじめて買ってみたちょっと前に発売された光琳梅。
顔彩セットの方には資材調達の関係で納期未定みたいなことが書いてあったので、ネイルと顔彩セットは別注文にしてみました。(納期未定なわりにソッコー届いたし、納期未定表記は今は消えているが)
ただいま祇園祭キャンペーン中なので、1注文ごとに何かしらおまけがいただけるんですが、顔彩セットの方は『かんにん』バッチ、ネイルの方は秋明菊カラーのリップクリームがついてきました。
リップクリームは気になりつつも使わないしなーと思っていたアイテムだったので、開封してちょっとガッツポーズしてしまった。
どっちも同日にポチったので、ちょっとズルしておまけをふたつもいただいてしまったみたいな気分。

ネイルと絵具で引き籠もり生活を彩るのである。


のらおーうしろうしろ!

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

2 thoughts on “イロトリドリノ顔彩。

  1. 色物って持っているだけでワクワクしますよね。幸せ~の気分も味わえる。
    もちろん、全色制覇はお約束です(笑)
    赤系が渋くていいですね。
    絵手紙 見せてくださいね。

    1. 紙に塗ってみた色見本を見ると、絵具の状態の色とはけっこう違って、実際に塗ってみなくちゃわからない感じが面白いです。
      赤なのに濃さによっては青に近い色になってたりして、40色セットですが、それ以上の色が出そうな感じがします。わくわく。
      顔彩5色と版画道具がセットになったもっとお安いセットもあったんですが、やっぱり全色揃えたくなっちゃいますねー。病気だ。

      絵手紙、見られるものが描けたらちょこっと晒してみようかと思います。
      しかし、幼稚園の頃から、「色を塗るまではすごく上手なんだけど…」とか言われてたタイプなので、絵具だけだとどうなることやら…。

Yuki* へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。