ねこのひ。

2月22日はにゃんにゃんにゃんで猫の日ってんで、我が家ののらお様におかれましても年に数度の猫缶の配給を受けてご機嫌であらせられたわけで御座います。
噛むこともひっかくことも許されず、おやつも1日1本のちゅ~るのみで耐え忍ぶ猫・のらおが、年に数えるほどしかない猫様扱いされる日、それが2月22日。

猫缶を前におすわりを決めたのらお様。

猫缶を高坏に捧げてお召し上がりいただいたワケで御座いますよ。
1/4缶だけどね。
残りの3/4は3日に分けて給餌されるけどね。
1缶まるまる食うとかそんな贅沢許さないけどね。
肥え太って寿命を縮められたら困るんでね。

年に3つくらいしか猫缶食べられない猫、それがのらお。
猫の日と誕生日とクリスマス。(気が向いたらお正月とお盆も)
世の中には毎日猫缶当たる猫様もいらっしゃるようですが、余所は余所、ウチはウチ。
もっぱらカリカリで生きています。
味にうるさくないので同じエサを何年も食べ続けるし、ある日突然エサを変えても一切頓着せず食べます。
壁をボリボリすることもないし、コードを噛むこともほとんどないし、噛んだりかっちゃいたりもしないし、爪切りも耳掃除もムズムズしつつも耐えるし(歯磨きだけは断固拒否)、夜は我先に寝るし、つくづく楽させてもらっているなあ。
気立てが大変よろしい。

欠食児童の如くがっついてるのらおを見てるワタシも幸せ。
猫はしあわせの生き物であるなあ。(至福)

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。