にじゅうかのう。

世の中にはいろいろな萌えがあると思うんですが、ワタシはつなぎ+キャップ後ろかぶりがとっても好きだとつい先日気付きました。猫の後頭部を見ているときのようなユルい喜びがにじみ出てしまう。
先日は大口開けたボンネットから煙もくもく出てるCX-5を遠巻きに見守る整備士の群れに遭遇して思わずニヤニヤしてしまった。(マツダ乗りとしてはニヤついてる場合じゃないのかもしれないが)

自動車整備工場は天国である。(通りすがりのディーラーの工場はすべからく覗きながら通過する怪しいオバハン)


とりあえずアフガンキットをやっつけてしまおうと、糸始末もアイロンも後回しでとにかく編みまくってたら、ヒゲ付きヨレヨレサンプラーが箱いっぱい溜まりました。
しかしながらキットもまだ箱いっぱい残っているので、まだまだ糸生えたサンプラーを量産しようと思います。全部編んだら糸始末。全部糸始末済んだらアイロン。(考えただけでうんざりする)

そんなワケでネタがないので、先日ほぼ日でも販売されていたワタシの愛するNIZYU KANOのお話などしてみようと思います。

Continue reading “にじゅうかのう。”

くりごはん。

ワタシのカカトは象の如き硬度を誇るカッチカチのザラザラなんですが、たまにひび割れてきて乾燥した端の部分がめくれ上がるので、何の気なしにむしり取ってしまうことがあります。(ガサツ)
先日もめくれ上がってきたので、無意識にむしり取っていたところ、気付いたらカカトから流血してました。わあびっくり。
とりあえず、カカトの保湿がどーのというお題目で販売されていたカカトだけの靴下みたいなものを履いて保護してますが、血は止まったものの薄くなった皮膚の下がまあ赤い。圧倒的な肉の存在感。
実際に目にすると痛いなぁと思うんですが、血が出るまで気付かなかった己の痛覚の鈍さとガサツさにあらためておったまげた次第です。
気をつけよう。


あっという間に秋が過ぎ去って冬が来つつある今日この頃ですが、お友達から秋の味覚をいただいたのでうまうまといただいたのです。

Continue reading “くりごはん。”

コンバートする。

顔も体形もちっとも似てないのにDIR EN GREYのボーカルを騙り数年にわたって父娘からウン千万騙し取っておいて『これまで、返済の能力もないのに、あるようにしてお金をだまし取ってきました。でも、金額の多さに驚いています』とか言っちゃうどんぶり勘定な詐欺師のオッサンが捕まったニュースを見て、久しぶりにDIRが聴きたくなってしばらく聴いていたんですが、DIRを聴いていたらこれまた久々に昔ヴィレッジヴァンガードで買ったヴィジュアル系キラキラハウスリミックス的なCDを聴きたくなって、今はそっちを聴いているところです。
笑っちゃうくらい原曲と全然違う仕上がりになってたりするのに、何年かに一度無性に聴きたくなる不思議なアルバムです。ジャケットは古屋兎丸。
原曲あってこそのリミックスだったりカバーだったりするってのは大前提として、正直、原曲よりも好きな曲が何曲かあったりしてね…。

大昔に職場の若めの社員だけでカラオケ行ったときにhideのピンクスパイダー歌ったら、「RADのしか認めない!!」と吠えたおなごがいて、いやいやいやいや…と思ったことを思い出したりしました。どんだけ素晴らしくても原曲へのリスペクトは忘れたくないものである。


ちょいと前に、さんざんお世話になっている方に数年分のお礼をしようと自分の(…)好きなものだけ詰め込んで送りつけたんですが(お礼になっていない)、その中に万年筆のインクとコンバーターぶちこみまして、余計なお世話と自分用備忘録を兼ねて使い方を載せてみることにします。
どこまでも自己流なので正しいやり方は知りません。(おい)
でも書けてるからいいんじゃないかな。(テキトー)

旧ブログに載せてた額縁る手順もいずれ載せよう。自分のためだけに。(アホなので何度やってもやりかた忘れて自分のブログで確認しながら縫っていた)

Continue reading “コンバートする。”

再会を果たす。

今週は突然雪が積もったりもするかもね、とか天気予報士が言っていたので、タイヤを洗う気分になれそうな気温のうちにと思って今日タイヤ交換しましたよ。
タイヤを車に積んでスタンドなりお店なりに行って待つってのが面倒で仕方がないので自分で交換するんですが、タイヤ交換自体は30分もあれば終わるのに、ジャッキの収納に10分くらいかかるのが毎度毎度イライラする。タイヤ1本交換するより時間かかるじゃねえかコノヤロウ。
後部の上げ底収納になってる部分の底を外さなきゃならないうえに、うまくハマりにくく、なおかつハメた後にはネジで固定しなきゃならないというクソめんどくささ。
しかもジャッキはどこ軽量化してんだよって何度でもいいたくなる穴がボコボコあいてるパンタグラフ式なので、前の方持ち上げてるときの頼りなさと言ったらもう毎回ドキドキものですよ。
タイヤ交換のたびに次までにジャッキを買おうと思うんですが、面倒になって今年も結局出し入れしにくい穴あきジャッキを使ってしまいました。
来年の春までにはジャッキを買う。絶対に買う。
…という強い気持ちで、ジャッキ固定のネジをガッチガチに締めてやりました。
開かずのジャッキ収納庫にしてやるんだ。

タイヤ交換のたびに次までに買おう買おうと思って本当に買った十字レンチを今回使うのを忘れたことは内緒なのです。
この調子だと、ジャッキを新調してもすっかり忘れて来年の春あたりに「誰だジャッキ固定ネジこんなにキツく締めたヤツは! あたしだよ!」とか吠えていそうな自分が怖い。


土曜日はのらおのおやつを買いに行ったんですが、そのときに思いがけない再会を果たしたのですよ。

Continue reading “再会を果たす。”

第一巡選択希望選手。

冬が近づいてきているせいか自室の湿度が下がっていたので、今シーズンはじめて加湿器を使ってみました。
加湿器をONにしたままちょいと台所で夕食の支度なんぞをしていましたら、部屋に戻ったら加湿器の周囲がビショビショになっててこの加湿器ダメじゃんとか思いましたが、湿度計見たらあれまびっくり70%超えてましたよ。
湿度が高くなっても更に加湿し続けたらそりゃそうなるよな。(湿度を自動で感知して加湿量を調節するような高級な加湿器ではない)

実際にこの目で見て経験しないと自然の法則を理解できないおのれのポンコツっぷりがせつない。


さて、ひとりで8つのケーキを食らって選考会を行ったワタクシの誕生日ケーキドラフトの結果発表です。

Continue reading “第一巡選択希望選手。”

当方メンクイなもので。

最近、ナンバーふられているわけでもなく、シリーズ名がついているわけでもなく、まるで1冊で完結している本であるかのように見せかけながらシレッと続き物な本が多い気がするんですけど気のせいですかね。

1冊でスッキリとケリがつくもんだと思い込んで読み始め、
半分くらいまで読んで「コレあと半分で収拾つくのかよ?」と疑念を抱き、
最後まで読んで「やっぱり続くのかよ!」って閉じた本を叩きつけたくなる。(そんなことは決してしないが)
…みたいなことが、ジャンル問わずここ数年多くなってきたような気がする。

この本だけではケリがつかないんだとわかって読むのと、ケリがつくもんだと思って読むのとでは、同じ内容でも気持ち的に全然違うんだよな。
続き物は完結したときにまとめて買う層をだまくらかそうという姑息な試みなのか?

他の人はどうだか知らないけれど、ワタシは、愛は印税で表現したいタイプなので、たとえ続き物で完結したときにまとめて読みたいと思っても、好きな作家や好きなシリーズものは、すぐに読まないとしても発売されたらすぐに買う。
長く売れるのも大事だけど、発売された直後にどんだけ売れるかってのが特に大事だって何かで読んだから、好きな本が発売されたら、読む時間がなくても積んどくスペースがヤバくても、とりあえず即買う。
なんとなく、どうせ買うなら発売直後に買った方が続きとか新作を書いてもらえるチャンスが増えそうな気がするから。(気がするだけ)(そうなればいいなと思っているだけ)

そんな気持ちで高給取りでも何でもないのに新刊をハードカバーでせっせと発売直後に買っているのに、読んでみたらば思いもよらない『つづく』の文字にガッカリしてしまうことがここんとこあまりに多くてモヤモヤする。

なんでいきなりこんなことブツブツ言ってるのかっつーとね、数年前に1冊で完結するもんだと思って読んでいたらものすごい中途半端に『つづく』で終わった本の続刊がようやく出たのでいそいそと読んだら、またしてもとんでもなく中途半端なところで『つづく』で終わりやがったんですけどいいかげんにしとけよコノヤロウ。
完結しないのはいいとしても、もうちょっとキリのいいところで終わってくれませんかね。
同じ罠にまんまとはまったワタシがアホなんでしょうけど、イライラする。

これの続きはいつ出るのよ! とっとと出せよ!(とどのつまりは続きを早く読みたいだけ)


突然ですが、ワタシはメンクイである。(趣味の良し悪しはさて置く)
人もモノも第一印象に大層ひきずられるタイプであることは十分自覚しているので、中身も見るように心がけようとは思っているが、やっぱり目に入るだけで幸せになれる見てくれの引力にはあらがえないものがある。

そんなワケで、ワタシの衝動買いの大半は、単なるジャケ買いなのであります。

Continue reading “当方メンクイなもので。”

たべくらべる。

先日、のらおがあまり聞いたことのない鳴き方でウロウロしていたので、具合が悪いのかとかトイレが気に入らないのかとか色々確認してみたんだけど原因がわからず困っていたら、いつものらおの首輪(というか首シュシュ?)につけていた愛宕神社のペット守の鈴が落ちて転がっているではありませんか。
まさかと思いながらも鈴を縫い付けてやったら、妙な鳴き方がピタッと止んで、ご機嫌にチリンチリン鳴らしながらとっとこ走り回り始めました。

音に敏感な猫に鈴をつけるのはストレスになるとか何かで読んだことがあったのですが、どうやらウチの猫には鈴がない方がストレスになるみたいです。
これみよがしに鈴を蹴りまくって鳴らしまくるのはあえてであって、アホだからじゃなかったんだな…。


今月はワタクシの誕生日があるので、どこのケーキを買うか真剣に検討しているところでございます。
先月ののらおの誕生日にはパールモンドールのショートケーキを買ったし、クリスマスもきっとパールモンドールのケーキを予約すると思うし、1月のママンの誕生日もパールモンドールで買うので、ワタシの誕生日は他のお店で買ってみようかと思ったり思わなかったり。
パールモンドール美味しいから毎月食べても全然問題ないんですけどね。

Continue reading “たべくらべる。”

先週のアフガン。

歩道を歩いていたら背後から「危ないから前を見て歩きなさい!」って声が聞こえてきて振り返ったら、スマホ見ながら歩いてる男の人がはしゃいでる男の子に注意してました。
お前もな。つかむしろお前こそな。
って思いました。


ちびちびとアフガン編みキットに挑んでおります。
とりあえず毎日最低でも1枚は編むことにはしてるんですが、なんかもう既に飽きてきた。
色が違うだけであまり代わり映えがしないというか、新鮮さがない。
いやしかし地道な日々の積み重ねでしか上達は望めないのだ。(積み重ねたからといって必ず上達するとは限らないけどな)

Continue reading “先週のアフガン。”

怒りのアフガン。

先日iPodのバッテリー問題でスマホの容量を再確認したところ、その大半を本で使っていることに気付きました。
多いだろうなーとは思ってましたが、半分以上本だとは。
読みたい本はハードカバーだろうが持ち歩くタイプだったので、重たい思いをしなくても本が読めるのは大変便利なんですが、目の前に物質として存在してないんで積ん読の罪悪感も本への散財っぷりも希薄になってイカンですな…。
ざっと見ただけで既に1,000冊を遙かに超える量の本がスマホに放り込まれているんですが、その中ですごい面白かったのと面白かったのが合わせて500冊程度。
読んでも読まなくてもよかったなってのが500冊程度。
読まなきゃよかったってのが300冊程度。
積ん読が100冊程度。
スマホでも本を読むようになってから本の選び方が雑になったんだと改めて気付きました。
当たりの確率が半分以下って見る目なさ過ぎだろ…。


部屋掃除の一貫として、アフガン編みに挑んでるところです。
箱いっぱいのアフガン編みキットを、毛糸玉からサンプラーに変換してやることで嵩を減らそうという試み。

しかしワタシは壊滅的に編み物に向いていないのであった…。

Continue reading “怒りのアフガン。”

今年はじめて。

ワタクシ今もってなおiPod classicを使ってるんですが、ここんとこバッテリーの持ちが著しく悪くなってきたような気がしてアンニュイです。
通勤のJR車中でしか使っていないので1日1時間程度なんですが、1週間保たなくなりました。
ちょっと調べたら、3日も保つから十分! って人がけっこういて、1週間保たないという文句は贅沢なのかと思いつつ、頻繁な充電は面倒だなと思ってしまう不精者なのでした。
今となってはiPodはtouchしか売ってないんで、買い換えも現実的ではないもんな。
iPod touchとiPhoneを併用するのはどうかしてるってことくらいはわかる。
なんせワタシのiPhone、容量258GBで現在使用量半分以下ですからねフハハハハ。
フルに入れても80GBなiPodの中身なんて全部移行したところで何ら問題ないくらいに十分余裕があるけれどあたしゃワイヤレスイヤホンが嫌いなんだよ。
落としそうじゃん。無くしそうじゃん。有線イヤホンぶち込みたいじゃん。
当面はこまめに充電して使おうと思っていますが、少しずつスマホにも音楽放り込んどこうかなあ。(今んとこラジオ体操しか入っていない)

今回iPodをまじまじと見たら、裏に『2007』って書いてあったんだけど、つまりワタシは13年間コレ使ってるんですね…?
そりゃバッテリーもヘバるか。


そういえば、今年はじめてマスクを買ったんですよワタシ。

Continue reading “今年はじめて。”