年甲斐もなくキャラクター。

クリスマスですね。
わらべ心を失って久しいので、サンタとかいうオッサンが枕元にプレゼントを置いていってくれていた遠い日の記憶も薄れ、今となっては単に堂々とホールケーキを食べることが許される日に成り果てておりますが、やはり気持ちは浮き立ちますな! ケーキが食べられるから!
今年は、24日には生クリームケーキ、25日はバタークリームケーキです。週末はバタークリームケーキでお茶しまくります。

そういえば、ワタシがサンタシステムをはじめて知った年、子どもらしくお人形さんのおうち的なものをお願いしてみたのですが、クリスマスの朝目覚めてみたら枕元には頼んだ覚えもない絵本が3冊積み上がっていたのでした。(欲しがっていた本というワケではない)
枕元に正座して呆然と絵本を眺めながら、欲しいとお願いしたらそれがもらえるなんてそんなうまい話はあるわけがないよな、と自分の認識の甘さを反省しました。
『おにたのぼうし』と『大きな1年生と小さな2年生』と、あともう1冊は何だったか忘れちゃった。
『おにたのぼうし』は読めたけど、『大きな1年生…』の方は、小学生とは何かすら知らない4歳児にはちょっと厳しかった。
ひらがながせいぜいだったので、読めるようになるまで数年かかったっけね…。

サンタが常に欲しいものをくれるとは限らない。人生はそう甘くはない。
お人形も持っていないのにおうちを欲しがったのがまずかったのだろうか。


ワタシは子どもの頃からさほどキャラクターものにハマるタイプではなかったんですが、何の気なしに買って着ていたTシャツがチェブラーシカだったりするウッカリさんでもありまして、ハマりはしないが年甲斐もなく抵抗感がないので、気付くとキャラクターものを買っていたりします。




ムーミンが好きなワケでもなく(ご先祖さまはちょっと好き)、青が好きなワケでもないんですが(むしろ嫌いに近い)、こんなん買ってみました。

コレは何かと申しますと…

マスクです。

開けてみるまで全然気づいてなかったんですが、マスク本体にもムーミンのロゴとイラストがついてました。
1枚1枚個包装されているので、携帯に便利かもしれない。
アベノマスクでその名を耳にした記憶のある、横井定の商品みたいです。
他にもスヌーピーとかすみっコぐらし?とかいろいろ種類があるっぽいです。
しかしワタシが欲しかったのは、個包装のかわいいキャラクターマスクではなく、部屋に置いておいても目障りじゃないマスク収納箱でした。

先日買ったシャープのマスクがね、まあ取り出しにくいこと取り出しにくいこと。
まず、箱からして開けにくい。
上部のフタがカパッと開けばいいものを、ご丁寧にもツメ付なので、いちいちツメを外してフタを開けるか、ツメ差し込まずにフタが少し開いた状態にしておくか、ツメ差し込まずにツメ浮かせた状態でフタを閉めるかしかないんだが、どれを選ぼうとも面倒・不潔・中途半端のいずれかなワケで、どれを選んでも結局イライラする。
とりあえず箱の問題は置いておくとしても、25枚ずつマスクが入っているビニール袋の開け口が横なんで、出そうとするたびに袋ごと持ちあげてトレイのようになっている厚紙の台紙を引き出して残ってるマスク全部を半分くらいまで引き出し、まとめて折りたたんであるゴムを使う枚数ぶんだけはずして力づくで奥のゴムを引っ張り出してマスクを取り出したら、再び台紙をビニール袋に戻してビニール袋を箱に戻………ウガァッッ面倒くせえ!!
…ってな感じで、取り出すたびに非常にイライラするので、取り出しやすいケースが欲しかったんですよ。
自分で作ろうかとも思ったんだけど、カルトナージュな糊臭いマスク収納箱もイヤだし、かといって山折り谷折りを繰り返して絶妙なサイズの箱を生み出す脳味噌も技術も持ち合わせていないので、何かいい感じの箱に入ったマスクないかなーと思って、今や薬局に限らず雑貨屋でも本屋でも売られているマスクの、箱を、箱だけを、ジロジロ物色して歩いていたんですが、どいつもこいつも『俺、マスクで御座い!』みたいな性能全力アピール中の外装ばっかりで、見えるところに置きたくもない見てくれのものばかり。
そんなときに雑貨屋で見かけたコレならいいかと思って買ってみました。

うん、ちょうどいいサイズ。
画像ではむき出しでマスク放り込んでますが、実際は内箱に開き口を上にしたビニール袋を入れて、その中にマスクを入れてます。使うときは内箱引き出してビニール開いて取り出す。(箱目当てで使いもしないマスク買うまでもなく、シャープのマスクの箱に同じようにビニール仕込めば済んだ話じゃないかとか言わなくてもいいからね。わかってるから)(詰め替えてみてようやくネックはビニールじゃなくて箱だったと気付いたお粗末な脳味噌)
内箱引き出してビニール袋開くだけで上から取り出せるから、格段に楽になりました。
楽にはなったが、普段は布マスク使ってるんで開けることもないんですけどね。
はやくマスクなんてしなくてもいいようになればいいなあ。(マスク大嫌い)



キャラクターものといえば、こんなんもポチってました。

ドラえもんの収納ボックス。
今年は大掃除ついでにハンガーと衣装ケースまわりを刷新してみたんですよ。
混在していた針金ハンガーを全部洗濯物干し用にまわして、コートに使ってた木のハンガーはママンにお譲りして、ワタシの部屋用ハンガーは無印ハンガーとMAWAハンガーに統一してみました。
毎年コートを新調するようなオサレ人間ではないんですが、成長が止まって以来サイズアウトすることもなくなり、破れ綻びてもお気に入りは繕ってしまったりなどして、コートは増えるばかりでほとんど減らないというね…。
それを木のハンガーにかけていると幅をとって仕方がないので、少しずつMAWAハンガーに替えてたんですが、今年思い切って全部取り替えてやりました。ぺったんこになってスッキリ!
しかしそうなると、片面ビニールの洋服カバーがハンガーにひっついてなかなか外せない問題が発生しまして。気が短いので力任せに引っ張ってビニール破いたり伸ばしたりもしまして。
いっそハンガーだけじゃなくて洋服カバーもビニールじゃないものに統一してやろうかと、ネットの大海をウロウロしてみたのです。(コロナを口実に海賊の如く船出しっぱなしの乱獲しっぱなし)
両面不織布で下が閉じてないものを探していたんですが(ロングコートが多いので下が閉じていると長さが足りない)、お値段がお手頃すぎて送料無料ラインまで届かず、送料対策に追加したのがコレ。
耐荷重はあんまなさそうだけど、A4が入る大きさで意外と使いやすい。
何より、視界に入るとなんとなくうれしい。

せっかくのクリスマスなので、なんとなく撮ったツリーも載せておこう。

予約してあったケンタをサッポロファクトリーに取りに行ったときに撮ってきた毎年恒例巨大ツリーです。
電飾の色が変化するんだけど、青系が一番キレイだと思う。

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

2 thoughts on “年甲斐もなくキャラクター。

  1. まぁ、マスクもいろんな付加価値を付けて出回るようになったのですね。
    開けたり閉めたりするときにイラッとするのは困りものですわ。←短気
    MAWAというハンガーかどうかわからないのですが(生協で買った)、同じようなハンガーを使っています。滑らないのが売りのようですが、引っ掛かってイラッとすることも・・・
    ハンガーにあれこれかけておいても、結局は出かけないので前の冬から見た目がほとんど変わらないのですけど。衣替えも必要ないくらい 同じような物を着ていますわ。

    このまま船出しっぱなし、乱獲しっぱなしで楽しませてくださいね~~

    1. 付加価値つける余裕ができたってのはいいことなんでしょうね。
      マスクに必死になるより、マスクで楽しめた方が心にも体にもいいでしょうし。
      ただ、どんだけオサレなマスクだろうがどんだけカワイイマスクだろうが、マスクってだけでイヤでイヤで仕方がないワタシのようなマスク嫌いにはどうでもいい話なんですよね。
      さらに開け閉めするたびにイライラさせられるマスクなんて精神衛生上よろしくない。免疫力下がるわ。(こじつけ)

      MAWAハンガーはここ数年各種PBでもよく見かけるようになった、樹脂加工してあるから滑りにくいタイプのハンガーです。かける服に合わせていろいろ形状やサイズがあるからいろんな服かけていても見た目が統一されてる感じで見てて気持ちがいいんですよね。
      どの種類も滑らないし、滑り落ちないぶん服と服の間がぴったりくっついていても他の服を出すときに一緒になって滑り落ちるとかいうイライラがないし、何より幅をとらないからいっぱいかけられるんで、大変気に入っています。
      急いでいるときにハンガーから服が離れなくてイライラすることもありますが、おおむね満足。
      職場が私服なので、最悪1週間くらいは洗濯できなくても大丈夫な程度に服を持つようにしてると、服に興味なくてもそれなりの量になってしまいまして。
      季節ごとに同じ服5枚くらいまとめ買いしてQ太郎式に洗い替えしつつ毎日同じ服を着てやろうかとも思いましたが、おかしい人に思われるのもどうかと思いやめておきました。
      何を着ていくか考えるのも面倒なんですけどねえ…。

      自分の財布と老後を考えて、来年こそ陸に留まりたい所存。(山賊にならないように気をつける)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。