うっかりビルケン。

昔は好きと嫌いとか反対語と呼ばれるものは、両端に『好き』と『嫌い』って書いてある定規の上で右に寄ったり左に寄ったりするみたいな、同一線上の正反対の概念のような気がしていたけれど、改めて考えてみると好きと嫌いは反対語ではあっても別の線上の別の概念な気がしてきた。
『ちょっと好きだけどだいぶ嫌い』とか『ちょっと嫌いだけどかなり好き』とか、何の矛盾もなく自分の中に存在しているってことに今頃になって気付く己の鈍さに呆れているところです。

…だからどうしたってこともないんですが。(まったくもってどうでもいい話である)


先日トリッペン買っちゃってた記事でボソッと白状したビルケン衝動買い懺悔編です。
スウェードとかヌバックとかの質感が好きで何足かお気に入りの靴を持っているんですが、お手入れはソレ専用のものが必要だったりして、近所のスーパーとかには売っていないんですよね。
かといってテキトーに自分で選ぶ勇気もなく(変なモノ使って靴がダメになったらどうしようという恐怖)、実際に使ってビフォアアフターを見せてくれたビルケンの店舗で買うことにしています。
ネットでポチった方が多少安いんですが、金持ちでもないくせに身の程知らずにも親切な接客に対する対価を払いたい病なので。
自己満足かもしれないけれど、靴とか服とか、試着してみないとサイズ感がわからないものをお店の人の手を煩わせてアレコレ試して自分に合ったサイズがわかったのに、その店では買わずに帰宅してからネットの別の店でお安くポチってのは、なんだろう、物欲の権化としての信義に悖るというか、もし自分が店員でソレやられたらなんかやるせないような気がするのでしないことにしている。(実店舗で買おうとしたら「コレなら今日はヨドバシドットコムで買った方がお得ですよ~」とかオススメしてくるヨドバシみたいなお店は別として)

…そんなワケで、冬靴と夏靴を入れ替えるこの時期、シューケア用品が軒並み底をついたのでビルケンに買いに行ったところ、ウッカリ靴も衝動買いしてきたというお話で御座います。




前から、裾から足の甲がチラッと覗く感じのパンプスっぽい靴が欲しいなあと思ってはいたんですよ。
でもワタクシ服装も状況も問わずとかくガツガツ歩きたがるものですから、あまりにも華奢すぎたりカカトがカパカパいったりする歩きにくいものはまずもって履かないので、やたらと靴を持っているくせに、ちゃんとした場面でも履けそうな靴は持っていなかったのです。
葬式法事くらいならこの前のトリッペンでも何とかなりそうな気がしないでもないんですが、スーツとなるとどうだろう…。

…ってなワケで、スーツにもギリギリいけんじゃないのとか何とか言い訳して衝動的に買ってしまいました。

いつもは39なんですが、今回は40。
この靴ナロー幅(ちょっと幅が狭め)しかないらしく、足幅が広いワタシには40の方が合ってたもんで。
39だと甲の部分に靴が食い込んでくる感じ。
靴の幅やデザインによってときどき40を選ぶことがあるんですが、そのたびに自分の足がデカいことをしみじみ思い知る。
38(24.5)と39(25.0)は5mm差だけど、40(26.0)との差は1cmってのがまた足デカ感を高めてくるよね~。

履いてみたらこんな感じ。

ストラップがワリと足首寄りなので、裾が長めのものだとほぼ隠れてくれます。
見た目よりずいぶんつま先が浅いので、足の指の股がギリギリ出るか出ないかって感じ。
カバーソックスもかなり浅めのじゃないとはみ出します。
サイズ40にしたおかげで薄手のソックスは履けたけど、厚手のソックスだとちょっとパンパンになりそう。

靴底にカカトはなくて、ぺったんこです。
「まーた何か買いやがったな」とか言い出しそうなのらおの視線が痛いんだぜ…。



北海道もようやく桜の咲く季節がやってきましたよ。
つっても、天気がイマイチなんですけどね…。

晴れた日にウキウキ通りがかりたかったんですが、連休は雨と風の予報が出てたんで、晴天を待ってたら桜の花びらは全部吹っ飛んでましたってオチにもなりかねないので、曇天だったけどパチリ。

普段花を愛でる習慣はないんですが、桜はなんとなく見に行きたくなっちゃう。なんでだろ。

そして予報通りにこの写真撮った翌日は朝からけっこうな勢いで雨が降りました。
風もなかなかのものだったので、あちこちの水溜まりに花びらが浮いていました。
散った花びらもなかなかにオツだよな~と思いつつ、ワタシじゃいい感じの写真は撮れませんでした。
桜の花びらを撮ったつもりが、『THE・水溜まり!』以外の何物でもない写真にしかならなかった。
センス…。

久々のどしゃ降りだったので、意気揚々とHUNTER長靴とポンチョを初始動させてみたんですが、どちらもなかなかよかったです。
長靴は、靴底が厚いからか、思ってたよりずいぶんと歩きやすかったです。ゴムが擦れてうっすら火傷することもなかったし、足の裏が疲れることもなかった。脱ぎ履きもすごく楽。
ポンチョはリュックの上から羽織ってもゆとりがあって、膝下以外は濡れなかった。帰りには雨が止んでたので、ポンチョの上からリュックを背負ったけど、モモンガスタイルだけど生地が薄いので脇がモタつくこともなく普通に背負えた。合わせる服もあまり選ばなそうな、何にでも合いそうな感じ。
両サイドにポケットがあればもっといいのになーとは思ったけれど、パッカブルなこと考えたら余計な厚みは御法度なのかな。出がけに雨降ってなくてもこれから降るならカバンに入れていこうかなって気軽に思える程度には軽くてコンパクト。
いやあ、実に良い買い物をした。満足である。

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

4 thoughts on “うっかりビルケン。

  1. 今年のGWは「コロナが危険、だから出かけないで言っているじゃん!」的にお天気がいまいちみたいですね。こちら、現在土砂降り、ゴロゴロ雷です。
    わかりますぅ~、「これを買いに来たわけじゃないけど、見ちゃって、気に入ったらかっちゃうでしょ!」のお買い物♪必要になったときに慌てて買いに行っても見つからないですよね。お買い物は出会いが大事~

    1. ワタシが利用しているJRは大雨が降ると海沿いで土砂崩れが起きて徐行運転もしくは運転休止になりがちなので、雨が降るなら休みの日がいいなーというのがありまして、いろいろとタイミングのよろしい雨だったかと思っております(自分勝手)。(そして実際連休後半、土砂崩れでJRが乱れに乱れていた)

      目的とは違うけど運命の出会いを果たしてしまったわ~ってのはありますよねぇ。
      特に靴は、自分の足に合うものがあまりないことを自覚しているうえでぴったりフィットしちゃうと、コレと出会うためにこの店に来たのではないかという錯覚を起こしてしまいます。
      んなワケないんですけどね。
      靴はできるだけ予定外の試着はしないようにしてたんだけどなー。
      いろいろ使えそうだからまあいいか…。

  2. Yuki*さん、今日お届け物が届きました!
    しかもハッピーアニバーサリー2021☆私のバースデーの日に!!
    ありがとうございます。m(_ _)m
    カワイイ熊の袋から謎のマステ・・・(笑)
    お菓子もありがとう。家族に内緒でコッソリいただきますね。
    お母さまに将棋の件、わかってもらえて嬉しいです♪
    そうそう、久しぶりにYuki*さんの字見たけど、以前と少し変わってより大人びた文字になりましたね。(誰?)
    靴もお似合いです。^m^

    1. 家族に内緒なんかーい、というのは冗談として、つまらんものですがご笑納くだされ…。
      個人的には一押しな山親爺クマがマステになってたのでウホウホと買ってしまいました。
      あんバタサンも品薄になったときに国営放送を逆恨みした程度にはお気に入りだったので、詰め込んでしまいました。
      贈り物は相手のことを思って贈る、という大前提を毎度無視して自分の好きなものを送りつけてスミマセン。
      ポストに突っ込めるギリギリサイズだったんですが、グチャグチャにもならず無事届いたようでよかったです。日本郵便は優秀だ。
      そしてワタクシの字ですが、基本まったく変わらず頭の悪さ丸出しのデカいくせ字を書いているんですが、お手紙はちょっど気取って万年筆を使って書いてみたので、ちょっとだけお澄まし文字になっております。やればできるもんだ。(できてない)
      そしてママンの将棋熱はますます盛んでして、当たり前のように他の棋士の動画も漁るという規定ルートを辿りつつあります。
      棋士がバンジーする動画見せながらアレやコレやと説明されてもサッパリわからん。棋士がバンジーて何。
      とりあえず母の日ってことで藤井聡太切手シートを全国版と愛知県版を取り寄せてみました。
      「プロマイド代わりにするわ~」と大喜びです。プロマイドて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。