またしてもにじゅうかのう。

先日車を運転していて、左折しようと歩行者の通過を待っていたら、進行方向の車道を逆走してきたチャリが歩道と車の間のほぼ100%の確率で巻き込んじゃう位置で信号待ちしちゃって、いざ歩行者が途切れても動き出せず、助手席側の窓を開けて声をかけても、イヤホンしてスマホ見てるから全然気付いてもらえなくて、降りてツンツンしないとダメかと思ったところで歩道で信号待ちしていた歩行者さんが状況に気付いてチャリの人ツンツンしてくれたんで何とか左折できましたが、先頭で信号待ちしていたのに1台しか左折できなかったぜ。
あーゆー場合どうすればよかったんだろう。
チャリ乗ってたのワタシくらいの年齢のオッサンだったんだけど、おそらく車の運転もするだろうにあんなところにいて身の危険を感じなかったんだろうか。

車といえば、最寄りのマックがドライブスルーやってるんですが、ドライブスルーへの車列を横切って店舗に入る造りになってるんですよね。(横断歩道はついている)
一般道でもフツーにながらスマホは見かけますが、マックのドライブスルーともなると9割方のドライバーがスマホいじってますね。注文に備えてアプリいじってる。
そんなんだから歩行者がいても当たり前に止まらないんですが、車列が途切れたと思って渡りはじめてもしっかり確認しながら渡らないと大概の車が一切前見ないで突っ込んでくるから危なくて仕方がない。
ドライブスルーの車列を横切らなきゃいけない造りもいかがなものかとは思うけど、車動かすなら前見ろや。


ワタクシ子どもの頃からリュック民でして、おでかけはほぼほぼリュックです。
荷物も多い方なので、通勤用と遊び用で分けてはいますが、基本的に入れ替えしません。
ゆえに、リュックはふたつあれば事足りるはずなんですが………また買っちゃった。てへ。




katakanaさんで別注リュックが出てたので、我慢できずについウッカリ…。

左側が新入りです。
FUKUI SIWAナイロンリュックのkatakana別注黒。
サイズがMとLの間くらいで、ポケットがついています。
サイズ比較になるかわからんが、右側がライトナイロンリュックのM。
ふたまわりくらい大きい感じ。

ちなみにライトナイロンリュックのLと並べるとこんな感じ。

生地は、ライトナイロンリュックより硬めでゴワッとする感じ。シャカシャカ感は少ないです。
リュックの底面にはベルポーレン的なものが入ってるっぽくて、カチッとしてます。

ファスナーのスラスはちゃんと四つ。
脇からも出し入れできて便利。

オリジナルにはついていないポケットがついています。

最初の仕様ではファスナーの目隠し部分が下からかぶさってたんですが、雨水が溜まるってことで仕様変更して上からかぶるようにしたそうです。
それで納期がちょっと遅れたみたい。

背中側にもポケットがついています。

肩紐はやわらかめのテープです。
ライトナイロンリュックみたいにふわふわにはなっていない。
リュック上部の持ち手は共布です。ライトナイロンリュックはココが革なんだよね。

内側はライトナイロンリュックと同じこんな感じ。

背中にフィットして背負いやすいです。
でもライトナイロンリュックの方が好みかなあ。
このリュックは形がカチッと決まってるんですが、ライトナイロンリュックは中身に合わせていい具合に垂れるというか下ぶくれになって甲羅のようにフィットするんですよね。
でもカッチリした格好のときはこっちのリュックの方が合いそうな気がする。
中身の入れ替えは面倒だけど、服に合わせて使い分けていこうと思います。

これでにじゅうかのうのリュックは4つめだな…。
そんなにリュックあってどうするの…。
katakanaの商品紹介ではリュックジプシーの終着点的に言われていて、そうだよねそうだよねと同意しつつ、実際のところ終着点がいくつもあったという…。
全部使いやすいからいいんだもーん。(ひらきなおる)

にほんブログ村 きまぐれ】  ←気が向いたらポチッとな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。