やはり忘れていくスタイル。

無事車検から車が戻ってきましたよ。
特に問題はなかったんですが、メンテナンスパックの中に夏用ワイパーのブレード交換が入っていたらしく、タイヤ交換した後にマツダで交換してもらわなきゃなんないんですって。
面倒だなぁ。自分でできないもんかね。
友人から、5年経ったからって問答無用でバッテリー交換されたりするよとか何とか脅されたんですが、特にそんなこともなく。
全然乗ってないからかな。とはいえ乗らないのもよろしくないよね。車のことはよくわからんけど。
車には乗るけど車のことを勉強しようという気はさらさらないので、たとえぼられたとしても自業自得と諦めてお支払いしようという覚悟(という名の開き直り)はある。
とりあえず想定内の出費で済んでよかったです。
定期券も買い換えだし、3月は何かと出費が嵩むぜ。


先日、Blu-rayの発売日を忘れがちだって書きましたが、自分でポチったグッズのこともすっかり忘れていたことに気付きました。

Continue reading “やはり忘れていくスタイル。”

常に忘れていくスタイル。

ウチのCX-3、来週車検でして。
ここ数年あまり出かけることもできずにあんまり乗ってないんですが、冬になってアホほど雪が積もってからは更に乗らなくなりまして、バッテリーエラーでアイドリングストップ効きませんよマークが出ていたんですな(コロナな時代になってから何回見たかなこのマーク)。
そんなマーク出しっぱなしで車検に出すのもなんか気持ち悪いので、ちょっくら走って消そうと小樽のばあちゃんちまで行ってきました。
めでたくマークは消えました。
久々に小樽を走ったんですが、今年の小樽は例年になく除雪が素晴らしい。
毎年この時期にはまだ1車線塞ぐ勢いで路肩に雪積み上げてるのに、今年はもう既に道路際まで雪が削られていました。
一方札幌といえば、幹線道路はそこそこまともになってきましたが、住宅地の道路が地獄のようです。
先日も会社の近くの住宅地でたった数百メートルくらいの間に埋まってる車が5台いました。
交差点を曲がるたびに何かしら車が埋まっている呪われたダンジョンと化してました。当然人も埋まる。
雪解けはうんさんが大量に出土するから大嫌いなんですが、今年ばかりは早くアスファルト出てくれるといいなあと思います。
そして、こんなひどい道路を借り物の車でなんか走りたくねえわと思って、車検のときの代車はいらんと断ったら「へ?」みたいな反応されました。
車預けたら1時間半歩いて家まで帰るからお構いなく。
次の日も1時間半歩いて取りに行くからお構いなく。


金曜日は在宅勤務で、土日はもともと休みで、ナメた話ながら月曜日も在宅勤務なワタクシ。
3月7日発売で取り置き期限が1週間のBlu-rayを昨年末に予約していたことをすっかり失念したまま金曜日を迎えてしまいまして、仕方がないので金曜日の夕方終業後に街まで出て引き取ってきました。

Continue reading “常に忘れていくスタイル。”

あけてました。

特段ネタもなく、パソやスマホを開くと今年一年お世話になりましただのあけましておめでとうございますだのばかりがあふれかえっているもんで、完全にうんざりしちゃってしばらく放置してたらすっかり年も明けていました。
年明け早々からこんな調子ですが、どうぞよろしく。

せっかくの寅年なので、トラリョーシカwithのらお。

Continue reading “あけてました。”

きょうのお布施。

ワタクシ半年ほど前に鉄骨ババアと称して鉄瓶を購入致しました。
以来、お茶を淹れるのも白湯を飲むのもとにかく鉄瓶で沸かしたお湯を使い続けていたのですが、このほど年に一度の健康診断の結果が戻って参りまして、余裕の一桁を誇っていたヘモグロビン値が正常値になりましたーわーぱちぱちぱちぱち。
鉄瓶のおかげかはわからんが、診断結果の↓印が減ってたいへん嬉しいです!
とはいえ、相変わらず白血球が少ないらしくて血液検査の総合判定はCなんですがね…。
かつて鉄剤を飲まされていた頃にも一時的にヘモグロビン値が上がったんですが、あのときは鉄剤飲んだあとのヌルッとした気持ち悪さみたいなのが常にあって、こんなんならヘモグロビン値なんて一桁で十分じゃいと思ってたんですが、今はそういうのナシでヘモグロビン値二桁なので続けられそうです。
鉄瓶のおかげかはわからんのだけれど。
貧血でも生活に何の支障もなかったのだけれど。


本日9月21日はばくちくさんのお誕生日みたいな日でして、ワタクシ真面目なファンではないので特にお祝いなどはしていないのですが、お布施を兼ねててポチっていたブツが届きました。

Continue reading “きょうのお布施。”

予約できてしまった。

ワクチン打ちたくないなぁと思いながらも、もしコロナに罹っても自分が困るだけならいいけど、職場に迷惑かけるのはまずいよなぁ…と思って、とりあえず予約しようとするくらいはしておくかと予約開始日の本日挑んでみたところ、思っていたよりアッサリ予約できてしまった。
なんだろうこの微妙に残念な気持ち。(「いやー打ちたいんですけど予約がいっぱいみたいでー」という口実を失ったからだろうな)

札幌市の集団接種会場をインターネットで予約したんですが、さすがに即予約画面に到達したワケではなく、最初は『ただいまサイトが混みあっています。順番にご案内しますのでそのままお待ちください』っていうデジタル待合室とかいうところが表示されました。
かつてのホビーラのリバティ予約とかで、事前に買うもの決めてログインして待機、販売開始時間めがけてF5連打ののち1分かからず予約完了、みたいな戦いになるのかと思って、ワクチン打ちたい気持ちはちっとも盛り上がってないのに謎の闘争本能に火がつきかけていたんですが、そのまま待てという画面を見て、慌てず急がず黙って待てばいいのかと瞬時に鎮火。
順番に案内ってことは、いつもの癖でリロード繰り返したりしたらその分順番が後になる仕組みなのかと思って。
(確認したら、インターネット予約の操作マニュアル(PDF)なるものには『※この画面で更新、戻るボタンを操作すると最初から順番待ちの最後列に並びなおすことになります』って書いてあった。でも、常日頃ネットに馴染んでる人はわざわざ操作マニュアルなんて見ないと思う)(…という、見なかったヤツの言い訳)
待ってる間にヒマだったのでデジタル待合室とやらのソースを見たら『このページは自動的に更新されます』『あなたの待ち時間は〇〇分です』って出てて、それが自動的にちょっとずつ減ってく感じだった。(たまに増える)
自動更新されることとか待ち時間表示は、ソースじゃなくて画面にばばばーんと書いておかないとリロードする人たんまりいると思う。
システムのことはよくわからんけど、無意味なリロードは余計な負荷かかって誰も得しない気がするんだけどどうなんだろ。
そんなこんなで、待合室表示したまま放置して別なことやってたら勝手に予約画面に切り替わってて、画面の指示通りに入力したり選択したりしたら、何の手応えもなくヌルッと予約ができました。
あたしゃまたてっきりメアドとか入力させられて、予約完了メールとか送られてきちゃったりするのかなーと思っていたんですが(だから事前にマニュアルを読めと)、ネットショッピングのような最終確認画面もなくいとも簡単に予約が完了していました。予約してやったぜ感が皆無。
日時が選べたので、1回目も2回目も金曜日の最終にしてみました。早退させてもらって、打ったらそのまま帰ればいいかなと思って。副反応出ても次の日から2日間は元々休みだし。
ワクチンにかこつけて平日に休んでやろうかと思ったりもしましたが、休んだ分仕事が溜まるだけなんでやめといた。

とりあえず予約できちゃったんだけど、正直、打ちたくないなあって気持ちがずっと消えない。
打ちたくても予約できなかった人もいるんだろうから、予約したからには打とうと思ってますが…なんだろう、どこも具合悪くないのにキッツい薬飲まされるようなうすらぼんやりとした不安が拭えない。(もやもや)
だってインフルエンザワクチンすら生まれてこのかた打ったことないのに!
いやしかしのらおなんて毎年、大嫌いな場所に無理矢理連れて行かれて知らないオッサンやおねえちゃんに体中いじり回された挙句謎の液体をブッツリ注射されても耐えてるんだもんな。偉いよなぁ、のらおは。見習わねば。

あとね、札幌市はマニュアルとかソースだけじゃなくて、実際の予約画面にもっと大々的に『リロードすんな、とにかく何もせずそのまま待ってろ!』ってアピールした方がいいと思う。F5連打した挙句「全然繋がらなーい」って言ってる人たくさんいると思う。
先着予約とリロードはセットな世代ですよワタシたち。


予約といえば、予約したっきりすっかり忘れていたものをギリで思い出して取りに行ってきました。

Continue reading “予約できてしまった。”

秋色てぬぐい。

今年の夏、洗い上がりがサッパリするという触れ込みの夏用シャンプーとリンスを買い求めてみたのです。
サワヤカな柑橘系の香りとミントっぽい清涼感のあるもので、確かに洗い上がりが心持ちスースーして風呂上がりはそれなりに快適だったんですが、なんせワタクシの髪の毛は短く、髪の毛が生えているのに何故かカツオ感漂うフォルムが基本で、伸びてもせいぜいタラちゃん程度。(いわゆるひとつのツーブロックってやつですよね?)
ひと夏では到底使い切れるものではなかったのです。

そんなワケでほとんど冬に片足突っ込んでる今になってもまだ頭スースーシャンプー&リンスを使い続けているのでした。
夏がどれほど暑かろうとも普通のシャンプーで過ごすべきだと学習した四十路の冬。きっと正月も風呂上がりはスースーしているだろう。


これまでの経験から、とりあえず首手首足首さえ暖かくしておけば寒さはワリと耐えられると思い込んでいるので、丈の長い手袋と長さと幅がたっぷりの襟巻きとレッグウォーマーがワタシの冬の必需品なのですが、愛用していたファルケのレッグウォーマーが廃番になったのか穴があいて買い換えようにも見つからない。
仕方がないので代替品を探してネットを彷徨っていたところ、ついウッカリまたしてもやってしまいました。

Continue reading “秋色てぬぐい。”