ジアのお洋服的な。

新学期ですね。
先週までそれなりに空間に余裕があったJRや地下鉄の車内が一気に激混みです。
まだ休校のところも多いみたいですが、とりあえず北海道では学校がはじまったみたいです。


口元も押さえずに平気でゴホゴホやってるワリにはマスクやアルコールを欲するウチの社長の差配により、職場に次亜塩素酸水20㎏の大箱が届きました。
そのままでは使えないので小分けのボトルが必要なんですが、スプレーボトルなんてどこに売ってるんだよっていう現状ゆえに、しばらくは社員が手持ちの使用済みボトルに詰め替えて自宅に持ち帰るための福利厚生専用になっていました。

しかしこのほど、本当に届くのか半信半疑でポチったシャワーボトルが忘れた頃に届きました。アルコール入れても大丈夫な容器らしいんですが、遮光性はなさそうなので、次亜塩素酸水入れるなら日除けが必要だなーと思って、カバーを作ってみました。

Continue reading “ジアのお洋服的な。”

新生活に便乗してみた。

まったく自粛などしていないが、自粛している人より外出していない気がするYuki*ですコンバンハ。
どうやらワタシの生活は常日頃から自粛モードだったようです。休日は玄関のドアノブを触ることすら稀だぜ。

さて、世の中は新しい生活の始まる4月を迎えていますが、ワタシ自身の生活は何ら変わらず通常運転が自粛モードなままだし、経理ではあるが3月決算ではないので平常業務というかむしろコロナのおかげでちょっと暇、ってな具合でちっとも新生活など迎えていません。
つか、社会人になったら失業とか転勤とか転職でもしない限り、新生活感など得られないのかもしれないな…。

そんなアタクシですが、新生活に向けて希望満ちあふれた売り場を前に、自分も便乗して新生活感のおこぼれを頂戴しようと思い、お弁当箱を新調してみました。
…おそらく8年ぶりに(!)。

Continue reading “新生活に便乗してみた。”

黒糸に導かれて。

オリンピックが延期になったついでにマラソンも引き取っていただけないものかと願っていたが、どうもそうすんなりとはいかなそうな気配ですね。いらないんだけどな。
…冬季五輪はもっといらないんだけどな!

地下歩行空間ではけっこう前からアレンジされた虹と雪のバラードがかかっていたんだが、気づけばいつの間にかオーロラタウンにまで頻繁にかかるようになっていて、原曲はいい曲だと思ってるし好きなんだけど、アレンジバージョンは聴くたびにイラッとしてしまう。
こんなもん聴かされたところでもともと賛成してない人たちの間に招致の機運なんて鼻クソほどにも高まるわけがなく、むしろいや増す嫌悪感。押しつけがましいんだよ。

もちろんオリンピックを楽しみにしてる方がたくさんいらっしゃることは存じております。ワタシはいらないっていう個人的意見です。

Continue reading “黒糸に導かれて。”

非常用マスク。

コロナ騒ぎでワタシがちょっとびっくりしているのは、世の人々は老若男女ジムだのジョギングだのと精力的に運動なさっているのねってことです。
なんせワタクシぐうたらなもので、目的もないのに走ったり(走ること自体を目的にするなど思いもよらない)、お金を払ってまで運動したりなんて絶対したくないんですよ。そしてそれが普通だと思い込んでいたんですよ。(思い込みが激しいタイプです)
習慣的にジョギングしたりせっせとジムに通うなんてのは、芸能人か小説やマンガの中の浮世離れした(田舎者だからそう思うだけで大都会にはゴロゴロ実在しているのかもしれないが)イケメンハイパーエリートビジネスマンくらいのもんだと思っていたんですよ。

でもそれじゃあ辺鄙な住宅街にまでジムが乱立している説明がつかないもんな…。
そうか、人は自らすすんで運動をするのね…そうか…そうなのか…。

Continue reading “非常用マスク。”

マスク量産。

花粉症な妹Bが、マスクがない、自分で作ろうと思ってもゴムも売ってない、ってママンに嘆いた結果、何故かワタシがマスクを作ることになりました。
いやいやゴム代わりのウーリースピンテープでよければやるから自分で作れよと言いたいところですが、言ったら言ったでまた面倒なことになるので作りましたよ。もっさりと。

しかしなんでこんな粗末な布マスクを欲するのかがサッパリわからない。

Continue reading “マスク量産。”

残り火でベトナムヤンキー。

ワタクシ四十路にして今もなお、出勤前の時間にゆとりなど持つくらいならその分寝ていたいタイプなので、起床から駅に着くまで(30分ちょい)はそりゃもうバタバタしています。
当然、駅に向かうにも周囲の景色などには目もくれずガツガツ歩いているもんでこれまで気付かなかっただけなのかもしれませんが、先日駅前のドラッグストアの入口付近をふと見ると、開店1時間以上前だというのに既にたくさんの人たちが並んでいました。
開店前から薬局に長蛇の列ができているというニュースは聞いたことがあったんですが、本物を目にしたのははじめてだったのでギョッとしました。
こんな辺鄙な住宅街にもマスクパニックは起こっているのですね。へー。

恐るべきマスクへの渇望。


…とか何とか他人事のように言いながらワタクシも、性懲りもなく再びマスクを作っていたのでした。
マスク作りの炎は鎮火したとか言いつつ、残り火がかすかに燃えていたらしい。

Continue reading “残り火でベトナムヤンキー。”

鎮火。

前回、どうにも収まりの悪い立体マスクを生み出してしまったので、リベンジに燃えるワタシは性懲りもなく型紙をいじりまわして別な種類の謎マスクを生み出していたのでした。

Continue reading “鎮火。”

ヤンキーマスク。

行こうと思っていた美術展が、行く前にコロナのせいで美術館休館になってしまっててもう見られないことに今更気付いた。がーん。(先月末からとっくに休館していた)
ばあちゃん額バックリ事件とか車検とかで先延ばしにしないでさっさと行っておけばよかった。
ここにきてようやくはじめてコロナへの激しい怒りをもよおしたのでした。あーあ、見たかったなあ。
コロナの野郎め…‼

虫刺されとかは、虫も生きてるからなぁとかちょっと思ったりもするけど、インフルエンザとかコロナで、ウイルスも生きてるからとはさすがにならないな。(そうだろうとも)

コロナ騒ぎに乗じて、着けもしないマスクを作ることに燃えているワタシは、今日も今日とておかしなマスクを生み出したのでした。

Continue reading “ヤンキーマスク。”

マスク職人見習。

つける気もないマスクを今日も今日とて量産してしまったYuki*ですコンバンハ…。

謎のマスク(作り)フィーバー中。
コロナに便乗して有休消化を頼まれたので金曜日はお休みをもらったんですが、せっかくの休みにやったことといえばマスクの量産。
何をやっているんだ…。
作らなきゃならないぶんは作り終わったのに、何だろうこのやるせなさは…。

Continue reading “マスク職人見習。”

擬態。

やはりキッチリ折り目をつけてピシッとするなんてことはワタシには無理でしたが、とりあえずサージカルマスクっぽくしようとしたんだなあという気配くらいはそこはかとなく漂っているマスクができました。

昨日作ったゲテモノマスクを見た友人のお母ちゃんが何故か欲しがっているらしいので。
まさか薔薇柄あげるわけにもいかんので、急遽『っぽい』やつを作ってみた次第です。

しかし、なぜこんな手作り感全開の粗末なマスクを欲しがるのかがサッパリわからない。

Continue reading “擬態。”